晩囂匯雫深編231倖囂隈蟒


晩囂匯雫深編 231 倖囂隈蟒
1 ゛あげくに┐裡 朸簡狛肇侘嗣縣圓裡檻 あげくに゛議潤惚思邵鵝╋獏池攤鷙音挫賜 自議魁栽 窃吶侘此あげくのはて┐烹霸箸△欧┐烹囂賑膿檻察すえ゛岻朔 恷朔゛┷鷙謹葎自 箭1、さんざん痴ったあげく、やめにした。嗅團阻匯禽恷朔畳協恬意 2、笥げんかのあげく、つかみあいになった。 尸崖議潤惚鼎嬉軟栖阻 2 ゛あっての 枳縣圍檻 あっての嗤阻゛嘉嗤゛ 箭1、あなたあっての暴です。あなたがいなければ書晩の暴はいない。嗤阻低 嘉嗤厘短嗤低祥音辛嬬嗤書爺議厘 2、この徨ってのわが社。もしこの徨がいなかったらと房うと???嗤阻宸 倖頃徨嘉嗤厘社覽夙膵短嗤宸頃徨祥 3 ゛いかんだ 枳縣圍檻いかんだ函畳噐゛燦象゛遇協 窃吶侘此いかんにかかっている函畳噐゛燦象゛遇協 ゛いかんによる函畳噐゛珊惻壓噐゛泌採 ゛いかんによってきまる畳協噐゛子心゛泌採 ゛かどうかにかかっている心心頁倦゛念俊強簡嶮峭侘

箭1、書指のスピ`チ?コンテストに秘pできるかどうかは竃念の笋いん にかかっている。音砿撹移嚥倦脅勣恂軟栖心 2、住hが{にまとまるかどうかは猜屬粒圭いかんにかかっている嬬倦 乏旋器撹亅咏函畳噐霧登斤圭議蓑業泌採 4 ゛いかんで 枳縣圍檻いかんで┿鬚いんによって功象゛遇゛燦象゛栖゛ 窃吶侘 ゛いかんだ゛頁功象゛畳協議┰畩箋槻諒州 箭1、秤櫃いんによって、鬭澆Qめる。功象侘米遇畳協斤貨 2、Y惚いかんで、圭の頁掲が蛍かる。功象潤惚栖登協圭寞議屎鳩頁倦 3、泳のY脂塀に竃るかどうかは徭蛍の深え圭いかんだ。歌紗音歌紗麿議潤 脂卩塀頁功象徭失議觀╋協議 5 ゛いかんにかかわらず 枳縣圓裡檻いかんにかかわらず音砿゛参斬曄 箭1撹倦のいかんにかかわらず、やってみることだ。音砿撹移嚥倦脅勣恂 軟栖心

6

゛いかんによっては 枳縣圍檻いかんによっては ┿鬚いんでは喇噐゛秤趨音揖゛ 功象゛泌採゛ 箭1、やり圭いかんによってはY惚も`ってくる。喇噐恂隈音揖潤惚匆 音揖 2、gYのY惚いかんによっては冩梢を嶄峭する辛嬬來もある。功象糞刮潤 惚泌採匆噐辛嬬嶄峭冩梢 7 ゛いかんによらず 枳縣圓裡檻いかんによらず音砿゛参斬曄 箭1、鬉里いんによらず、こちらは徭蛍のやり圭でやっていく。音胎斤圭 泌採哘原厘断脅勣梓徭失議觀╋協議 8 ゛參貧は 柞糧欖柄悶侘檻參貧は 屡隼゛┻曳撮祥゛ 窃吶侘今朸簡銭悶侘檻からには 箭1、歌紗する參貧は戮靴燭ぁ 屡隼歌紗輝隼祥覽湛攵 2、s崩した參貧はどんなことがあっても便らなければならない。屡隼畳協 議頁祥誼涙胎嗤焚担秤趨匆勣便埃 9 ゛て┐錬いられない 朸簡銭喘侘檻て┐錬いられない音嬬゛残陳棔 燕幣強恬議麼悶 壓伉秤貧涙隈壅隠隔圻栖議蝶嶽彜蓑 箭1、識ぐので、苧晩まで棋ってはいられません。咀葎載識侭參音嬬吉欺苧 爺 2、ミンナPいているので、暴だけがそばで俚んではいられません。寄社脅 壓垢恬厘音嬬匯繁壓匯都俚連 10 ゛う┐茲Γが 朸簡隆隼侘檻う┐茲Γが涙胎゛脅゛ 箭1、どんな署隔ちであろうが、侑牽は署でIえるものではない。涙胎謹担嗤 熱侑牽頁署熱択音欺議 11 ゛う┐茲Γが、゛まいが 朸簡隆隼侘檻う┐茲Γが枸絛龍簡嶮峭侘仔篷強簡廁簡隆隼侘 まいが音胎頁゛珊頁音゛参珊槓之顱 窃吶侘此うと゛まいと音砿頁゛珊頁゛ ゛うが涙胎゛脅゛ 箭1、泳が栖ようが栖まいが、パ`テ?`はrg宥りにやる。涙胎麿頁栖珊 頁音栖詔氏脅氏梓扮蝕兵 12 ゛う┐茲Γと、゛まいと 朸簡隆隼侘檻う┐茲Γと、枸絛龍簡嶮峭侘仔篷強簡隆隼侘檻ま いと音砿頁゛珊頁゛

箭1、碧並がKろうとKるまいと、rgになれば暴は「る。音砿垢恬頼短頼 欺泣厘祥恠 13 ゛よ┐茲Γにも゛ない 朸簡隆隼侘檻う┐茲Γにも、柩匯強簡辛嬬塀檻ない襦匆┣撮

゛ 箭1、いまさら、あんなhいところへはいこうにもいけない。欺嶬攸烹椎担 垓議仇圭詒ヒ家ゲ山描烹 2、畠く徭I徭誼┐犬瓦Δ犬箸だ、書になって、日こうにも日けない。 寔頁徭恬徭鞭欺嶬擅訖浙漆涓山栖 14 ゛う┐茲Γものなら 朸簡隆隼侘檻う┐茲Γものなら泌惚゛辛゛志子゛祥゛┗輅焦秦匍 邪協訳周朔惚匯違音挫 窃吶侘此ものなら泌惚゛議三子頁゛議三 もし゛たら泌惚゛祥゛ 箭1、瘁 1 rg欺彭がWれようものなら、認d匯囑のチャンスをのがすところだ った。泌惚壅絡欺 1 弌扮辛祥餓泣払肇認墮佃穴議字氏阻 2、o僅之朗をしようものなら丕t`郡で侃PされるにQまっている。泌惚 秒徭髪朗辛祥匯協參離郡丕号鞭侃沓 15 ゛誼┐Γる 朸簡銭喘侘檻゛誼┐Γる嬬校゛賛敏圈杞肇塀響恬誼┐┌た■ 倦協塀響恬誼┐┌ない■ 窃吶侘此ことができる 箭1、それは厘?の深え誼る恷貧の圭隈だった。椎頁厘断侭嬬深打欺議恷挫議 圭隈 2、そんなR孫なことはあり誼ない。音辛嬬嗤椎嶽残牝議並 16 ゛おそれがある 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻おそれがある/嗤゛議裡妝賛崚岱゛屍仗苗棔┰畊 謹葎自 箭1、この云は僥伏にい唹を嚥えるおそれがある。宸云慕嗤辛嬬公僥伏音 措唹譯 2、爺殲鵑砲茲譴侈Lが貧するおそれがあるそうだ。象爺賑圓烏岬 欠嗤辛嬬鞠遜 3、 嶷い押櫃世棒ぬおそれはなさそうだ。 押埋隼嶄 徽心栖短嗤棒議裡妝 17 ゛かけだ 朸簡銭喘侘 かけだ燕幣強恬胡蝕兵 強恬隆頼遇嶄僅 強恬軸繍窟伏吉 箭1、もう 竃輩のrgなのに まだ 囮が奮べかけだ。厮将欺阻貧萎扮寂 徽傾珊短郭頼 18゛かけの 朸簡銭喘侘 かけの燕幣強恬胡蝕兵 強恬隆頼遇嶄僅 強恬軸繍窟伏吉

箭1、iみかけのjIをの嶄に崔き梨れてきた。委短嗤響頼議墫崗凖梨壓 窮概貧阻 2、遣れかけの扉を里討拭委蝕兵遣醒議扉挽阻 19 ゛がたい 朸簡銭喘侘檻がたい佃噐゛参使殯廖 窃吶侘此にくい音叟゛参産叩残决據 ゛づらい佃噐゛参傘穩據 ゛かねる音嬬゛残冫圈参産智睨次 箭1、あんなに圷櫃世辰辛縮錣気鵑蘭くなったとは佚じがたいことだ。傍椎 劔宗慎議表弥埴肇弊阻宸頁佃參猥典鎚贈 2、4 定gの寄僥伏試も梨れがたい房い竃となった。膨定議寄僥伏試匆撹阻 佃參梨山議指吮 20 ゛かたがた 枳縣圍檻かたがた乏宴゛ 窃吶侘此がてら゛議揖扮史咳磧 箭1、柊iかたがた云塁に篠る。竃肇柊化乏宴剛剛慕糾 2、ご阿湶かたがたおいまで。崑吭乏宴萩箔逸廁 21゛かたわら 朸簡銭悶侘嗣縣圓裡檻かたわら匯円゛匯円゛子暫罅匯中゛ 箭1、社にいたとき、茶のかたわら、社並を返擦辰討い泙靴拭壓社議扮昨 円僥楼円逸彭恂社暦 2、暴は碧並をするかたわら、コンピュ`タ`の茶をしている。厘匯中垢 恬匯中僥楼窮辻 22 ゛がてら 朸簡銭喘侘嗣縣圍檻がてら┐烹゛議扮昨乏宴゛察議揖扮゛ 窃吶侘此ついでに乏宴 ゛かたがた乏宴゛╋倏綾嗅縣圍 箭1、柊iがてらIい麗をしてきた。柊化扮乏宴択阻叫廉指栖 2、晩云の藻僥伏と匯wに[びがてら氏をする。効晩云藻僥伏匯軟螺 議扮昨乏宴膳楼氏三 23 ゛かと房うと房ったら 朸簡侘否簡嶮峭侘姉糧欖粉文稗嗣縣圍檻かと房うと┿髻かと房った ら胡匯゛瀧貧祥゛傘紹堽゛音創襦産遇゛策遇゛ 窃吶侘此と房うと察と房ったら胡匯゛瀧貧祥゛ 箭1、 僥伏はベルがQったかと房うとwび竃した。 胡匯豼紕 僥伏祥怒竃肇阻 2、ピカッと高ったかと房ったらゴロゴロ俗跡がQった。胡匯祇描窮祥臓 臓跡譯 3、lかと房ったら弥嶄さんだった。厘參葎豊椿音創詈婆鑾舒。 4、貧返かと房ったら宛翌和返だった。厘參葎載互苧音創抜頁運彎議

24

゛か゛ないかのうちに 朸簡嶮峭侘檻か柩匯強簡隆隼侘櫃覆いのうちに┿鬘困覆いΔ舛烹 胡勣゛祥゛燦孀察祥゛ 箭1、泳溺はそういったかいわないかのうちに日き竃した。慢胡勣傍祥図軟栖 阻 2、泳は廿が峭まるか峭まらないうちにwび和りた。諮概胡匯唯麿祥柳 和概阻 25 ゛かねる─かねない 朸簡銭喘侘檻かねる佃參゛参傘磧参残棔参産智睨次 窃吶侘此┐垢襭ことができない察ことがyしい佃參゛ 箭1、賦しかねますが 10 嵐劼曚富Jしていただけないでしょうか。音挫吭房 蝕笥嬬倦処公厘 10 嵐謹晩圷喘 2、棋ちに棋ちかねていた返がやっと曙いた。吉棋厮消議佚嶮噐欺阻 3、枠殻のh苧はちょっと蛍かりかねます。胡嘉議盾瞥嗤匯泣佃參尖盾 朸簡銭喘侘檻かねない載嗤辛嬬゛史飢散┿瓠参子散┣察 箭1、あいつならやりかねない。泌惚頁麿傍音協氏孤竃栖 2、弌さな並でも まかりg`えば寄笋癖造砲覆蠅ねない。軸聞頁弌並 泌惚不竃餓危傍音協氏悌撹寄並 26 ゛が壼いか 朸簡銭悶侘+が壼いか/胡匯゛祥゛ 箭1、宮は何塁に秘るが壼いか、かばんを慧り誘げた[びに佩った。宮宮胡匯 序塁祥飯和慕淫螺肇阻 2、泳は軟きるが壼いか何塁をwび竃した。麿胡匯軟寛祥怒竃阻型寂 27 ゛からある┐らの 霸輅省楚議簡檻からある┿鬘此からする察からの゛參貧 箭 1、 この寒は侮いところが 10 メ`トルからある。 宸訳采議侮侃嗤 10 致參貧 2、 このパソコンは 10 嵐劼らするだろう。 宸岬窮辻軟鷹峙 10 嵐晩圷參貧 3、仟によると書業の仇寳で 5 認繁からの棒宀が竃たそうだ。象烏墮 宸肝仇寳議棒彬繁方厮器 5 認繁參貧 28 ゛からして 枳縣圍檻からして貫゛栖心惨咫祥゛参屍男輝雉庁祥貫゛ 箭1、k冱の坪否はeとして泳のB業からしてSせない。窟冱坪否枠音霧貫 麿議蓑業祥音嬬圻疎 2、この徨はつきからして旋笥そうだ。宸頃徨貫庁劔心祥載艦苧 3、Y脂するには、まず廖む社からしてさがすのに匯逗困鬚靴覆韻譴个覆蕕 い。葎勣潤脂音喘傍艶議遍枠貫孀型徨祥誼勣雑継匯桑薦賑 29 ゛からすると 枳縣圍檻からすると┿鬘此からすれば參゛栖心讃諭栖傍燦象 ゛╂甘亢錬財楚吉 窃吶侘此から冱うと察からると貫゛栖心讃諭遇傍

箭1、暴の深えからするとそういうやり圭はよくない。貫厘議觀╂歓苅椎嶽 恂隈音栽癖 2、泳の撹からすると寄僥鞭Yはとてもo尖だ。功象麿議撹示深寄僥才 佃 3、ある吭龍からすれば泳の深え圭もg`いだとは冱えない。祥蝶嶽吭吶栖 傍麿議觀匆音嬬傍頁危列議 30 ゛からすれば 枳縣圍檻からすれば/祥゛栖傍 箭1、ある吭龍からすれば泳の深え圭もg`いだとは冱えない。祥蝶嶽吭吶栖 傍麿議觀匆音嬬傍頁危列議 31 ゛からといって [喘冱嶮峭侘檻からといって┿鬘此からとて察からってない埋傍 ゛隼遇匆)音゛参子咀葎゛祥゛讃々棔徽頁匆音゛ 箭1、混いからといって社の嶄ばかりにいるのはよくない。埋傍絶徽匆音嬬 悳岐壓社戦 2、繁に笥をいわれたからとてそんなに櫃砲靴覆てもいい。勝砿瓜艶繁 傍阻撒三徽匆喘音彭椎劔仇慧壓伉貧 3、暴が翌忽繁だからって蒙eBいしないでください。萩音勣咀葎厘頁翌忽 繁祥╋堽劭蒙歩斤棋 32 ゛からには 朸簡嶮峭侘檻からには┿鬘此からは屡隼゛祥勣゛ 窃吶侘此參貧察貧は 屡隼゛┻曳撮祥゛ 箭1、やるからには恷瘁までやらなければならない。屡隼勣孤祥誼孤欺恷朔 2、僥伏であるからには茶をまず及匯に深えなければならない。屡隼頁僥 伏祥勣遍枠深打僥楼 33 ゛からは 朸簡嶮峭侘檻からは?屡隼゛祥勣゛ 箭1、こうなったからは採でもやりぬくつもりだ。屡隼泌緩祥涙胎泌採匆勣 孤欺久 34 ゛きらいがある 柮恥堊悶侘嗣縣圓裡檻きらいがある嗤泣隅゛屍弌議買鬘╋獏池 自吭吶 箭1、泳には繁の吭をoするきらいがある。麿嗤涙篇麿繁吭需議買鬘 2、猟としては坪否がいささか燃仮兆きらいがある。恬葎胎猟嗤泣券燃 3、そのやり圭は鏡僅のきらいがある。椎嶽恂隈嗤泣隅鏡僅廨佩岻腕 35 潤 ゛きる─俳れる、俳れない 朸簡銭喘侘檻きる─俳れる、俳れない燕幣強恬器欺自泯傘輅祥

箭1、書まで暴は泳を佚じきっていた。參念厘頼畠猥屠 2、 そのことについてそう冱いきれますか。 購噐椎周並 飯頼畠椎担傍宅 嬬 椎担僅協宅 3、櫓奮はおいしかったが楚が謹くて奮べ俳れなかった。絡傾載挫郭徽楚 謹短郭阻 36 ゛O┐わまりない 柞糧欟簡簡孤檻O┐わまりない┿鬘Oまる壅匆短嗤゛纂

凪゛ 箭1、その冱い圭は採だ。gに音噪酔Oまりない。椎出奕担傍三湊綜繁音噪 酔阻 37 ゛Oまる 柞糧欟簡簡孤檻Oまる自凪゛ 箭1、まったく払撰OまるB業だ。寔頁自凪涙撰議蓑業 38 ゛┐鬘鋤じえない 枳縣圍檻┐鬘鋤じえない 鋤音廖゛参蚕゛ 箭1、あの繁がクラス`の撹をとったなんて、@きを鋤じえない。油欺麿誼 阻畠萎及匯鋤音廖寄郭匯妾 2、住宥並絞で、匯鵬のうちに鏡りぼっちになったなんて、まことに揖秤を鋤 じえない。油傍麿壓住宥並絞嶄匯鵬寂撹繁溝隅音鋤綜繁揖秤 38 ゛くせして┐せに [喘冱銭悶侘嗣縣圓裡檻くせして┿鬘困せに┗樟苅゛辛頁抜捷゛ ┥々棕゛辛頁゛史簇察辛頁゛┷嗤夭佃賜音諾岻吭 窃吶侘此のに 箭1、岑らないくせに岑ったふりをしている。云栖音岑祇抜邪廾岑祇 2、寄僥を竃たくせにまだHにmっている。埋隼寄僥穎匍阻辛頁珊卆正幻 銚 3、30 rになったくせしてまだ徭羨できない。埋隼眉噴槙阻辛頁珊音嬬徭 奮凪薦 39 ゛ぐらい 柮恥堊悶侘檻ぐらい┿鬘此ぐらい察くらいだ察ぐらいだ燕幣殻

業 箭1、媒たきりになるくらいなら棒んだほうがましだ。泌惚欺阻淋寛音軟┻ 仇化珊音泌棒阻挫阻 2、書晩はもうiけないくらい藤れた。書爺拙誼壅匆音嬬恠┻蝶牟硲阻 3、秘に鯛ちたという岑らせをいたとき、秤けなくて日きたいくらいだっ た。油欺秘僥深編鯛茨議宥岑扮倫漬誼寔訖泯┻蝶牟硲 40 ゛げ┐寸 朸簡銭喘侘嗣縣圍姉糧欖粉文稗檻げ┐寸┿鬘此げに察げな┷ 顳゛貌議゛┗輅渉隔嵒駝劔徨秤侘湖状買魑硲辛痩試鍬咎

窃吶侘此そうだ┿鬘此そうに察そうな 箭1、曇に棒なれてから泳のはいつも丑しげだった。棒肇曇徨朔麿議中否悳 頁揮彭丑彬 2、鬚海Δら弥嶄さんがなんか喘ありげに恠ってきた。弥嶄埴挫駻佇加 並貌議貫斤中怒狛栖阻 3、押繁は逗しげな蕗で仝お銚さん々と柵んだ。押繁喘駟悩寨歓犁追咄出 蕗第第■ 41 ゛ごとき 朸簡狛肇塀嗣縣圍檻ごとき┿鬘困瓦箸泌揖゛察劔議 窃吶侘此ように挫顱貌仇 箭1、それは泳のごとき繁でなければできないことだ。椎頁峪嗤駛椎劔議繁 嘉嬬恂竃栖議並 2、寄襖に巻は直の~のごとくゆれた。襖摸嶄巻泌峯匐違仇辧強 3、Yは嚠襪靴燭瓦箸だった。潤胎揖圓覽漬姿 42 ゛こととて 柮恥堊悶侘嗣縣圓裡檻こととて咀葎゛屍瓶據史簇史喫如┻

゛ 箭1、いかにPき腹んのこととて、あんなo尖なことをするのにはあきれたもの だ。埋傍屎頁附膿薦彝議扮昨徽恂竃椎劔狛蛍議並栖匆寔出繁郭妾 2、Tれぬこととて払撰いたしました。咀葎珊音楼降湊払撰阻 咀葎艇議附悶音圭宴嗤焚担並秤萩音人賑仇勝砿茎言 43 ゛┐烹Hして┐裡 朸簡銭悶侘嗣縣圓裡檻┐烹Hして┐裡 ┿鬘此Hに察Hは┻隠 ゛議扮昨撒院岻縞 箭1、これは表弥さんが「忽のH、廷にくれた嵐定Pです。宸頁表弥埴指忽 議扮昨恬葎射廷公厘議徭栖邦永 2、 おeれのHに賦し貧げたいことがあります。 輝蛍艶岻縞 嗤三觚艇讐 3、書業LするHに駅ず棋って佩きます。和匯肝恵諒扮匯協揮肇 44 ゛ざるを誼ない 朸簡隆隼侘檻ざるを誼┐┌ない音嬬音゛参撒嘆察 窃吶侘此ないわけにはいかない察ほか┐吠坊修ない 箭1、火廷だがこれはg`っているといわざるを誼ない。載凖唆徽音誼音傍 宸頁危列議 2、この}には廣朕せざるを誼ない。斤宸倖諒籾音嬬音廣吭 3、否夘宀は_gな^の仲で徭蛍の係恟佩蕕鰌Jめざるを誼なかった。腕 夘係壓鳩壺議屬象中念音誼音覚範徭失侭係議恟佩 45 ゛しかない 朸簡銭悶侘檻しかない峪嗤゛志残棔志産叩 窃吶侘此ほかない察參翌にない 箭1、こうなったらやるしかない。厮将宸劔阻峪挫孤阻┗靂淤隈

2、バスもないところだから、iいて佩くしかない。咀葎頁銭巷慌廿概脅短 嗤議仇圭峪挫恠彭肇 3、いやならやめるしかない。泌惚音垳吭峪挫恬意 46 ゛肝及┫竜擇澄肝及では 朸簡銭喘侘檻肝及゛瀧貧祥゛餐⊆苅瀧貧昧軸 窃吶侘此┐垢襭とすぐに察や倦┐い複や 箭1、鬚海Δ没鼎肝及、岑らせます。欺阻椎戦瀧貧祥御岑低 2、碧並がKり肝及、「忽する。匯稀垢恬潤崩羨軸指忽 枳縣圍檻肝及だ┿鬘此肝及で察肝及では畠鴇゛子心゛泌採゛屍 ゛遇協 窃吶侘此によってQまる─によっては 箭1、すべては埴のQ伉肝及だ。匯俳勣心低議畳伉泌採阻 2、この}は s なたの冱い圭肝及どうにでもなる。宸倖諒籾勣心低議傍隈 泌採遇協 3、撹肝及では鯛及するおをれもある。勣心撹示泌採泌惚音挫匆嗤辛 嬬藻雫 柮恥堊悶侘嗣縣圓裡檻肝及だ┿鬘此肝及で察肝及は秤趨市脚稗 将狛伺蚩 箭1、こうして書に崛った肝及です。祥宸劔欺阻嶬擅 2、並の肝及はこういうことである。並秤将狛祥頁宸劔 3、こういう肝及で氏芙を看めたのです。祥頁咀葎宸倖圻咀看肇阻巷望議垢 恬 47 ゛兵挑だ 朸簡銭悶侘檻しまつだ秤侘撒車臓潤惚讃控汁法仇化劔徨殻 業╋獪枯自議山議潤惚 箭1、いつもHとけんかばかりして、仇了には社竃までする兵挑だ。将械才幻 銚崖尺恷嶮擬崑阻宣社竃恠議潤惚 2、鍛には日き冱を冱う兵挑だ。恷朔捷窟軟昔彦栖阻 48 ゛┐藤しようがない 朸簡侘否簡銭喘侘侘否強簡簡孤檻┐藤しようがない┿鬘此で しようがない゛誼音誼阻゛察誼鞭音阻阻桟燃゛─韻靴茲Δない ̄匆傍撹 ̄ しょうがない ̄ 窃吶侘此てたまらない 箭1、匯繁で偲しくてしようがない。匯倖繁掲械偲眺 2、nが祐くてしようがない。兩祐誼音誼阻 3、銚の押櫃椀津笋任靴茲Δない。掲械航廷第第議押 4、のどがfいてしようがない。笥進誼勣凋 49 ゛の挑┐法△裡 枳縣圍檻の挑┐法△裡恷朔察議潤惚 窃吶侘此た挑─たすえに擦燭垢┐裡゛議潤惚察岻朔 箭1、獗の挑、竃kのrgを 2 埖の兜めに個めた。斌楚議潤惚委竃窟扮寂

個壓阻 2 埖兜 2、深えに深えた挑、哈き鞭けないことにした。郡鹸深打岻朔畳協音覚毅 阻 50 ゛ずくめ 枳縣圍檻ずくめ頼畠頁゛伺縡刺 箭1、このは、いいことずくめです。恷除勝頁挫並 2、書埖は耙しいことずくめの匯か埖でした。宸倖埖昌頁綜繁互佶議並 3、泳溺はいつも\ずくめの捲廾をしている。慢悳頁刊彭菜弼議丗捲 51 ゛ずにはいられない 朸簡隆隼侘檻ずにはいられない音嬬音゛参屍謬叩桟如音辛 窃吶侘此ないではいられない 箭1、丑しくてなかずにはられなかった丑彬誼音喇誼図阻軟栖 2、泳の鯉挫がおかしくてみんな丶わずにはいられなかった麿議劔徨載辛 丶寄社脅音喇誼丶阻軟栖 52 ゛ずにはおかない 朸簡隆隼侘檻ずにはおかない音嬬音゛ 窃吶侘此ずにはすまない音嬬音゛傘慚覽叩 箭1、あんなひどいことをした繁 hい砲倭Pを嚥えずにはおかない。斤恂竃宸 担狛蛍並秤議繁音嬬音公嚠侃沓 2、暴のことを佚じきっている泳溺には云輝のことを冱わずにはすまない。 慢宸担猥杜劭厘駅倬斤慢傍寔三 53 ゛ずにはすまない 朸簡隆隼侘檻ずにはすまない音嬬音゛子散┻叩音辛 窃吶侘此ずにはおかない┘輝箒簡隆隼侘勣喘せ 箭1、このことは云繁が冱ってあやまらずにはすまないだろう。宸周並匯協誼 云繁肇祇埜音辛杏 2、泳から処りた署はs崩の豚晩どおりに卦さずにはすまないよ。効麿処議 熱匯協誼梓埃協議晩豚珊陳 54 ゛そばから 朸簡銭悶侘檻そばから昧゛昧゛燦奸祥゛┣屍池斷惨緑垉鎚打蕋 箭1、いたそばから梨れる。昧油昧梨 2、 Nをまくそばからカラスがそれをほじくる。 胡殴議嶽徨 鱗兒祥彡蝕阻 55 ゛┐弌△燭蕁△硲それまでだ

56 ゛たが恷瘁 朸簡狛肇塀檻が恷瘁匯稀゛祥短一隈阻撮匯稀゛祥頼阻 窃吶侘此┐沓たら恷瘁匯稀゛辛祥 箭1、[びに佩ったが恷瘁、もうってこない。匯稀竃肇螺祥壅匆音指栖

57 ゛たら恷瘁/匯稀゛辛祥┝ 56 箭1、あの繁は冱い竃したら恷瘁、もう瘁へ哈かない。麿匯稀傍竃阻笥祥畳 音斑化 58 ゛た挑に┐芯の ┝ 49 59 ゛ただ゛のみ ゛ただ朸簡銭悶侘嗣縣圍檻のみ┿鬘此だけ峪蚕志屍丕志司 嗤扮辛參福肇△燭寸■ 箭1、採をするにもただ笥で冱うのみではなく、駅ずそれをg佩に卞さなければ ならない。音胎恂焚担音叙頁笥遊讐珊勣委麿原幗糞佩 2、署のみが繁伏の朕議ではない。繁伏議朕議音峪頁署熱 3、 xりは床かでただ襖の咄だけこえる。 巓律掲械偲眺 峪嬬油欺襖摸蕗 60 ゛ただ゛のみならず ゛ただ柮恥堊悶侘嗣縣圍檻のみならず音徽゛遇拝参蚕゛遇拝嗤 扮辛參福肇△燭寸■ 箭1、タバコはただ徭蛍の宗慎に墾があるのみならず、麿繁にも墾を式ぼしてい る。冖音叙彬墾徭失議宗慎遇拝匆墾式麿繁 2、のつくりのみならず、悶つきまで幻H貌である。音叙然侏銭悶侘海 誼脅餮固廝 3、 ただ氏芙繁のみならず、 僥伏もeO議にボランテ??試咾鵬亮咾靴討い襦 音高頁芙氏貧議撹定繁銭僥伏匆脅持自歌紗芙氏巷吩試強 61 ゛たといっても 柮恥墻孛腔裡嗣縣圍檻といっても埋傍頁゛辛頁匆゛讃曜機匆頁゛ 窃吶侘此といったって察とはいえ;゛とは冱えども 箭1、ビルと冱っても、眉A秀ての弌さなものだ。埋傍頁寄促匆頁眉蚊秀廏 議弌促 2、?ルバ?トのo創をもらったと冱っても為劼世韻任垢茵埋傍誼阻嬉垢 議滑署辛峪頁匯為圷陳 3、脱しいといっても、L挑にデ`トするrgはありますよ。埋傍脱辛頁 巓挑埃氏議扮寂頁嗤亜 62 ゛たとえ┐ぃ゛ても┐任△譴丕 たとえ┿鬘困燭箸ぃ朸簡侘否簡銭喘侘姉糧欟簡簡孤嗣縣圍檻ても 軸聞゛匆゛念俊音協簡扮音砿゛匆゛励粁強簡嗤咄延念俊侘否強簡簡孤 悶冱扮夸葎△任癸■ 窃吶侘困燭箸─うと軸聞゛匆゛念俊隆隼侘 たとえ゛としても軸聞゛匆゛念俊嶮峭侘 箭1、たとえどんな是yがあっても鮫はg佩しなければならない。音砿嗤焚 担劔議是佃柴皿匆勣糞佩 2、たとえお署がなくても採とかして僥IをAけます。軸聞短嗤熱匆勣譜 隈写偬僥匍

3、たとえ悶が嬋健でもスポ`ツには歌紗したほうがよい。軸聞附悶宗慎 珊頁歌紗悶圄塰強葎挫 4、たとえ弌さい徨でも己やかしてはならない。軸聞頁弌頃匆音嬬戎忿 63 ゛たところ 朸簡狛肇塀檻ところ┐辛頁゛珊寔゛珊隼゛┗輅昇麒並酳 念峰並邉捗畊 箭1、枠伏のお姙へ謀ったところあいにくお藻便だった。維恵析弗辛頁陶派 音壓社 2、Wれると房って識いでいったところが、lも栖ていなかった。參葎嬬岳 欺阻枯脱肇辛頁豊匆短栖 3、やってみたところが吭翌にやさしかった。編彭孤阻匯和辛頁吭翌仇否 叟 朸簡狛肇塀檻ところ┐寸胡゛頼┻鎚浦鬘 箭1、暴は書社へ「ったところです。厘嶬攜媚惶充劭 2、仝恍晩処りた云もうiみましたか々 仝書iみKわったところです々 恍爺処議慕厮将響阻宅殖 ∀嶬攜婉鼠蝪 64 ゛たところで 朸簡狛肇塀檻ところ┐韮軸聞゛匆゛讃々棔匆゛┷麩遽輅焦囲邉捗 惚徽凪潤惚燕幣音軟販採恬喘賜延誼厚音挫議彜蓑 窃吶侘此としたところで察にしたところで撮軸聞゛匆゛讃々棔匆゛ ゛としたって;゛にしたって軸聞゛匆゛讃々棔匆゛ 箭1、深えてみたとこれでどうにもならない。軸聞深打阻匆涙蔀噐並 2、mんでみたところで僅られるにQまっている。軸聞尋箔麿刃協匆氏詳 蒸 3、書さら恠って佩ったところでgに栽うまい。軸聞嶬敕榿ィ匆栖音式阻 杏 65 ゛たとたんに 朸簡狛肇塀檻たとたんに屎輝゛議扮昨祥゛燦孀察議扮昨,祥゛ 窃吶侘此鵬gに察はずみに;゛ひょうしに 箭1、羨ち貧がったとたん、^をぶつけた。胡匯嫋軟栖祥委遊弉貧阻 2、社を竃たとたんに嚏が週り竃した。胡匯竃壇祥和軟嚏栖阻 66 ゛だに 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻だに銭゛脅゛子察祥゛ 箭1、瑤世牧ない。銭知脅音恂 2、あのときのことは房うだに丑しい。椎扮議並秤匯詁霎款邑亠襲彬 3、そのふるい防の直は寄垢卜咾世砲靴覆った。椎臣硬防峯壓寄羽欠嚏 嶄銭匯強脅音強 67 ゛┐藤たまらない 朸簡侘否簡銭喘侘姉糧欟簡簡孤檻てたまらない┿鬘困任燭泙蕕覆ぃ ゛誼音誼阻察誼鞭音阻桟燃゛

窃吶侘此てしようがない察てならない 箭1、A さんにけて孜しくてたまらない。補公弌A凖唆誼載 2、おなかがすいてたまらない。暁徨偶誼鞭音阻 3、あの繁のをるのもいやでたまらない。銭心麿議然脅載伉軍 68 ゛ために┐裡 朸簡銭悶侘嗣縣圓裡檻ため┐烹葎阻゛┗輅渉慎庁 箭1、繍栖、羨塗な匳宀になるため、茶僥にはげんでいる。葎阻繍栖撹葎竃弼 議匳伏壓適薦仇僥楼彭 2、寄僥垪鞭Yのために笋垢襦葎阻烏深冩梢伏恬彈姥 3?泳はY脂のため、書からお署をためている。麿葎阻潤脂壓祥壗熱 柮恥堊悶侘嗣縣圓裡檻ために喇噐゛子鯲゛┗輅菖咀朔醫霾謹磯頁 自議匯違俊狛肇塀 窃吶侘此から咀葎゛膿距圻咀 ゛ので咀葎゛膿距朔惚音嬬和俊容楚塀才凋綜塀 ゛ゆえに喇噐゛慕中囂 箭1、L舒を哈いたため、僥丕を俚んだ。咀湖丹阻短肇貧僥 2、^が嶷いのは腎櫃いためだ。遊肢肢柿柿頁咀葎腎賑音挫┻辻宜複 3、寄嚏のために\啝瓩嶄峭になった。咀和寄嚏塰強氏嶄峭阻 69 ゛たりとも 枳縣圍檻たりとも軸聞゛匆゛讃擁如匆゛ 箭1、匯震たりとも嗟僅できない。祥頁匯震匆音嬬墓策寄吭 2、その縮を匯晩たりとも梨れたことがない。椎倖縮儺軸宴匯爺匆短嗤梨 芝 70 ゛たるものは 枳縣圍檻たるものは猟囂廁強簡△燭蝪議銭悶侘醤嗤゛附芸仇了吉 議思葎゛議 箭1 縮圄宀たるものは採よりもまずしく失れを舵すべきだ。恬葎縮圄繁議繁 遍枠哘乎冢噐舵失 2、坪wの遍Lたる坪wt尖寄骸は忽酎の旋吩を及匯にすべきものだ。恬葎 坪佼遍糟議坪佼悳尖寄骸頁哘乎參忽酎議旋吩葎及匯議 71 ゛つ゛つ 朸簡銭喘侘檻つ朸簡銭喘侘檻つ扮遇゛扮遇゛猟囂廁強簡 箭1、I宀は隔ちつ隔たれつのvSにある。曾宀侃噐犹ヒ誠慎長慙毅 2、襖にさらわれて検みつ柿みつの裡ない彜Bにある。瓜襖惜壌恠殲敲 検扮柿議裡識彜蓑 72 ゛ついでに 朸簡狛肇塀嗣縣圍檻ついでに乏宴゛讃猶磧 窃吶侘此がてら察かたがた゛議扮昨乏宴゛念俊強簡銭喘侘賜悶冱

箭1、]宴蕉へ佩ったついでに云塁に篠った。肇喨蕉乏宴肇阻慕糾 2、Iい麗のついでに啌鮫をて栖た。肇択叫廉祥宴心阻窮唹指栖 73 ゛っこない 朸簡銭喘侘檻っこない音氏゛参賛苗棔喘壓笥囂膿距囂賑 窃吶侘此はずがない察┐垢襭ことはない 箭1、どんなに冱ったって蛍かりっこない。奕担傍匆音氏苧易亜 2、やつらなんかに竃栖っこないさ。麿断椎誌繁音辛嬬氏議兔 74 ゛っぱなし 朸簡銭喘侘檻っぱなし慧崔音砿崔岻音尖 箭1、ド?を_けっぱなしにしたまま竃てしまった。委壇蝕彭短購祥竃肇阻 2、云塁ノ`トなどを崔きっぱなしにして頭原けようともしない。慕才永芝 云吉慧壓椎戦匆音詈嬖娃 75 ゛つつも 朸簡銭喘侘檻つつも匯中゛匯中゛伺辧拝゛史簇察辛頁゛ 窃吶侘此ながら┐癸 箭1、表を鞠りつつ、怱I瘁のことについてZりあった円鞠表円住霧購噐穎匍 朔議並 2、いとは岑りつつ、弟の晩をiんだ。苧岑音斤抜響阻溺隅議晩芝 3、そう深えつつもY蕉そうしなかった。埋隼椎担襭徽恷朔珊頁短嗤椎担 恂 76 ゛つつある 朸簡銭喘侘檻つつある屎壓゛ 箭1、廖酎のB。吭Rは鯢呂靴弔弔△襦肖酎議鹿悶吭紛屎壓戻互 2、せかいには奮創やa瞳の音怎にみつつある仇囃も富なくない。弊順貧 葎髪窪糎奮賜勞瞳壓逗蔦彭議仇曝匆音媼富方 77 ゛であれ 枳縣圍檻であれ勝砿頁゛参珊槓如 窃吶侘此たとい゛であれ察であれ゛であれ軸聞頁゛参珊槓如珊頁゛ 囂 賑熟膿 箭1、Y惚がどうであれ、瘁孜はしない。音砿潤惚泌採脅音朔孜 2、たとい枠伏であれいことはいと冱う。軸聞頁析弗音斤議祥勣傍音 斤 78 ゛であれ、゛であれ 枳縣圍檻であれ枳縣圍檻であれ音砿頁゛珊頁゛囂賑熟膿 箭1、槻であれ溺であれ、佩ける宀は壼く佩きなさい。音砿頁槻頁溺嬬肇議 脅酔肇杏 79 ゛てからでないと┐討らでなければ 朸簡銭喘侘檻てからでないと┿鬘此てからでなければ短゛岻念祥

音゛志屍來據參朔嘉゛ 箭1、晩云Zを茶してから竃ないと晩云へ藻僥することはできない。短嗤僥 楼晩匚岻念祥音嬬藻僥晩云 2、よく獗してからでなければお基えできません。短嗤載挫斌楚岻念祥音 嬬基鹸 80 ゛てからというもの 朸簡銭喘侘檻てからというもの徭貫゛祥゛惨售髻祥゛ 窃吶侘此てから゛岻朔察參栖囂賑曳云簡不樋 箭1、泳溺が冩梢片に秘って栖てからというもの、櫃匯笋靴拭徭貫慢 栖欺冩梢片賑荊祥畠延阻 2、この碧並を哈き鞭けたからというもの、鯛ち彭いてごを奮べたことがな い。貫嬉俊鞭阻宸邱ぷ參栖祥短郭狛匯禽芦糧傾 81 ゛てしようがない 朸簡侘否簡銭喘侘姉糧欟簡簡孤檻てしようがない┿鬘此でしようが ない゛誼音誼阻察誼鞭音阻阻桟燃゛┌△討靴茲Δない匆傍撹△討靴 うがない■ 窃吶侘此てたまらない 箭1、1繁でさびしくてしようがない。匯倖繁掲械偲眺 2、nが祐くてしようがない。兩祐誼音誼阻 3、銚の押櫃しんぱいでしようがない掲械航廷第第議押 4、のどがfいてしようがない。笥進誼勣凋 82 ゛ですら┐垢蕋 枳縣圍檻すら┿鬘困任垢蕋封崛゛餐゛ 窃吶侘此┐韮さえ┥拏極議箭徨圧幣凪麿 箭1、泳は徭蛍の兆念すら梨れた。麿封崛梨阻徭失議侖兆 2、鴬Rのかれですら岑らない。銭鴬僥謹紛議麿匆音岑祇 83 ゛てたまらない 杣 67 ゛でないと

84 85

゛でなくてなんだろう 枳縣圍檻でなくてなんだろう゛音頁゛嗽頁焚担椿。萩諒郡諒議囂賑 箭1、これが曚任覆てなんだろう。宸音頁握嗽頁焚担椿 2、これこそ^でなくてなんだろう。宸音頁屬象嗽頁焚担椿 86 87 ゛でなければ

゛ではあるまいし 枳縣圍檻ではあるまいし祥麻頁゛匆゛纂簡絞如匆゛┿鬘此ではないの だから杰旃鏥脹輜孱

箭1、埴ではあるまいし、屈晩Eいするほどまないよ軸聞頁低匆音嬬哉欺恪 2 爺杏 2、徨工ではあるまいし、R孫なことをいうものではない祥麻頁頃徨匆音嬬 傍椎劔議汗三杏 88 ゛てでも 嘖~て侘檻てでも軸聞゛匆゛ 箭1、?ルバ?トをしてでも、晩云で冩梢をAけていきたい軸聞勣嬉垢匆勣写 偬壓晩云冩梢 2、碧並をやめてでも、Hの初oをしなければならない軸聞勣看肇垢恬匆駅 倬勣孚綱幻銚 3、処署をしてでも、コンピュ`タ`をIいたい。軸聞処熱匆訛魑臘 89 ゛てまで 嘖~て侘檻てまで瘁ろの嘛、恬喘の殻業を燕す璽?ナスに聞われる ことが謹い 箭1、悶を欧靴討泙如冩梢をAける並はないだろう委附悶的撒岻念音勣壓 写偬冩梢阻杏 2、処署をしてまで、をIう駅勣があるもんか。短嗤駅勣葎阻勣択概遇肇 処熱杏 90 ゛てみる 朸簡銭喘侘 てみる゛編編心司墟司圈 ┗輅抄堋隔峩恬 佩葎議晦編 痩試鍬咎 箭1、できるかどうかやってみる。嬬音嬬恂撹編編心 2、暴の返創尖を奮べてみてください。萩晦匯晦厘恂議傾暇 3、lの基えが屎しいか枠伏にいてみよう。豊議指基屎鳩諒析弗心心杏 91 92 ゛ても兵まらない

゛てやまない 朸簡銭喘侘檻てやまない喟垓゛察音峭匯違念俊才垳李嗤購議強簡 励粁強簡嗤咄延 箭1、T埴の試Sを豚棋してやまない。呶俳仇豚棋彭光了寄塢輅孱 2、I忽のvSがいっそうよくなるようってやまない。嶬伉廝垳曾忽購狼 厚紗才沈 93 ゛とあいまって 枳縣圍檻とあいまって嚥゛犹プ喘察壅紗貧゛ 箭1、挫爺と爐泙辰董△海糧寢廚枠乏が謹かった。宸倖佛豚爺嗽枯貧挫爺 瞬貧繁載謹 2、繁匯蔚の適薦と爐泙辰董巓さんはきっと撹孔すると房う。壓紗貧階狛 械繁議適薦厘範葎弌巓匯協嬬校撹孔

94

゛とあって 朸簡銭喘侘嗣縣圍檻とあって┿鬘此とあれば咀傍頁゛侭參゛使膵 傍頁゛ 箭1、嗤兆なQ高仇とあって、Q高人が謹いようだ。垳李傍頁嗤兆議嗄誓覆仇 侭參栖鉱高議繁載謹 2、 弊順嶄の寇龍が龍わえると氏って、 その氏は謹くの繁でにぎわっていた。 垳李傍頁辛參瞳晦欺弊順光仇議胆龍侭參椎倖魁鋼栖議繁載謹載犯綴 95 ゛とあれば 朸簡銭喘侘嗣縣圍檻とあれば咀傍頁゛侭參゛使膵傍頁゛ 箭1、徨工のためとあれば、L定ためておいたお署を畠何竃しても炉しまないと いうHが謹い。椎倖傍頁葎阻頃徨載謹社海鎮竃謹定議畠何持們匆音伉黙 96 ゛といい゛といい 枳縣圍檻といい枳縣圍檻といい涙胎゛珊頁゛脅゛士淆曄匆挫゛匆 挫゛ 箭1、謁といい、ソフ?`といい、院Aれた湖じだ。涙胎頁能謁珊頁紐窟 脅綜繁湖欺壜窄窄議 2、恍晩といい、書晩といい、なんと冱う菩い晩がAくのだろう。涙胎頁恍 爺珊頁書爺爺爺脅頁宸担犯議爺 97 ゛というと 枳縣圍檻というと┿鬘此ということだ察というだ油傍゛讃殍機 窃吶侘此とのことだ察そうだ 箭1.枠伏は眉埖でこの寄僥を看めになるという。油傍析弗眉埖芸祥看肇宸侭寄 僥 2、恍晩、学弥さんが識押で秘垪したということです。油傍恍爺学弥咀識 押廖匳垪阻 98 ゛というところだ 枳縣圍檻というところだ┿鬘此といったところだ┗輅招粁В殻業 秤趨寄崑頁゛┻佃徨 箭1、 roは700劼ら1000劼箸いΔ箸海蹐澄 耽弌扮議垢熱寄崑頁 700 崛 1000 晩圷 99 ゛といったところだ 枳縣圍檻といったところだ┗輅招粁В殻業秤趨寄崑頁゛┻佃徨 箭1、「福燭泙◆■可蠅烹瓜悗箸い辰燭箸海蹐澄指社寝邁散狒縦衵嗣飽稗 100 ゛といえども 枳縣圍檻といえども軸聞゛匆゛史簇察徽頁゛士淆曄脅゛ 窃吶侘此とはいえ察と冱っても埋傍゛徽頁゛ ゛とは冱うものの埋傍゛辛頁゛史簇察辛頁゛┷麩醪三稱馬自 倦協議偃峰 箭1、いかなる慇宀といえども、繁繁の伏贋の慇をZうことはSされない。

涙胎頁焚担劔議嗤幡繁脅音塋俯蔭近繁断伏贋議幡薦 2、署隔ちといえども侑せとは泙蕕覆ぁ埋隼嗤熱徽音匯協侑牽 101 ゛といえば┐箸い辰燭蕋 枳縣圍檻といえば┿鬘此といったら察というと勣傍゛嗣甬宗祥゛ 匯戻゛祥匯協゛ 箭1、梁畑と冱うとすぐ畉┐△燭滷が^に検かぶ戻欺梁畑辻今戦瀧貧祥 検岾犯今梁畑 2、幄といえば恷除は貧がっているね。勣傍紘同恷除壓貧嫻亜 3、泳のカラオケと冱ったら、くにたえないものだ。勣傍麿議触性OK 酒岷頁音唇秘串 4、\啝瓩煩圓Δ飯蠅週る。匯戻蝕塰強氏祥勣和嚏 102 ゛といったらありはしない 柞糧欖返孛腔裡嗣縣圍檻といったらありはしない┿鬘此と冱ったらない ゛と冱ったらありゃしない短嗤曳゛厚゛察誼音誼阻察自阻市戞音狛阻 掲械゛ 箭1、y弼の弊順の僣尚弼は胆しいといったらありはしない。短嗤曳匯頭咢弼 弊順議僣尚厚胆議阻 103 ゛といったらない 柞糧欖返孛腔裡嗣縣圍檻といったらない┿鬘此といったらありはしない ゛と冱ったらありゃしない 短嗤曳゛厚゛察誼音誼阻察自阻市戞音狛阻 掲械゛ 箭1、恍匚、圧い匚祇を1繁でiいて「った。恍絡匯繁恠那菜議匚揃指社椎 嶽溝偲湖祥涙隈傍阻 2、劾からテレビをつけてやかましいと冱ったらない。貫壼蛙祥嬉蝕窮篇 崖誼音誼阻 3、そのrの燕秤はおかしいと冱ったらなかった。輝扮議燕秤岻辛丶酒岷涙 隈侘否 104 ゛といったらありゃしない 柩 102

105

゛といっても 柮恥墻孛腔裡嗣縣圍檻といっても埋傍頁゛辛頁匆゛讃曜機匆頁゛ 窃吶侘此と冱ったって察とはいえ察とは冱えども 箭1、ビルと冱っても、眉A秀ての弌さなものだ。埋傍頁寄促匆頁眉蚊秀廏 議弌促 2、?ルバ?トのo創をもらったと冱っても為圷だけですよ。埋傍誼阻嬉垢 議滑署辛峪頁匯為圷陳 3、脱しいと冱ってもL挑にデ`トするrgはありますよ。埋傍脱辛頁巓 挑埃氏議扮寂頁嗤亜

106

゛とおもいきや 朸簡嶮峭侘檻とおもいきや參葎゛陳奚襦参餐蓮囘囂膿距掲械吭 翌匯肝隆奚觜 箭1、あきらめると房いきやまたやりだした。參葎麿祥緩恬意阻短覽俊 孤軟栖阻 2、ちゃんと鞭け函ったと房いきや、まだ曙いていないそうだ。參葎厮将辺 欺阻陳奚觧甲纂諜 107 ゛と房うと┐繁爾辰燭蕋 朸簡狛肇塀檻と房うと┿鬘此と房ったら胡匯゛瀧貧祥゛子察 祥゛ 窃吶侘此かと房うと察かと房ったら 箭1、日いたと房うと丶い竃した。胡匯図瀧貧嗽丶阻軟栖 2、羨ち貧がったと房ったらすわりこんだ。胡匯嫋軟栖祥恫和阻 108 ゛とか 朸簡嶮峭侘檻とか象傍゛史喫加粥┗輅昭撚伺綮魏使景亀調療糞縞 頁△箸冱うことだ∋鬘△箸いうだ議福待 箭1、臼今祇は恍晩寄僣だったとか象傍臼今祇恍爺和阻寄僣 2、直翫さんは?メリカへ藻僥したとか油傍直翫埴肇胆忽藻僥阻 109 ゛ときたら┐箸ては 枳縣圍檻ときたら┿鬘此ときては察とくると戻欺゛議三嗣疇陝栖 勣傍゛志喪據 窃吶侘此というと勣傍゛子嗣甬宗祥゛ ゛について冱えば祥゛栖傍゛ 箭1、あいつときたらどうしようもない。戻軟椎社誌栖寔鎮麿短一隈 2、泳は^がいいが、\咾箸たら、ぜんぜんだめだ。麿載艦苧辛傍祇悶 圄議三焚担脅音佩 110 ゛ところ 朸簡狛肇塀檻ところ┐辛頁゛珊寔゛珊隼゛┗輅昇麒並酳杷 峰並邉捗畊 箭1、枠伏のお姙へ謀ったところあいにくお藻便だった。維恵析弗辛頁陶派 音壓社 2、Wれると房って識いでいったところが、lも栖ていなかった。參葎嬬岳 欺阻枯脱肇辛頁豊匆短栖 3、やってみたところが吭翌にやさしかった。編彭孤阻匯和辛頁吭翌仇否 叟 111 ゛どころか 柮恥堊悶侘嗣縣圍檻どころか音徽┣撮゛郡遇゛仔騏后銭゛匆゛傘 傍゛祥銭゛匆゛ 窃吶侘此ないばかりか 箭1、この藻僥伏はh忖どころかひらがなもよくけない。宸倖藻僥伏艶傍頁

査忖祥銭峠邪兆匆亟音挫 2、爺櫃よくなるどころかひどい垢砲覆辰拭爺賑音徽短嗤挫郡遇延羽 欠嚏阻 3、書晩のYは叟しいどころかとてもyしかった。書爺議深編艶傍否叟 珊載佃 112 ゛ところを 柮恥堊悶侘檻ところを゛議扮昨吭翌仇抜゛(燕幣屎侃噐匯嶽彜蓑扮 吭翌仇賜融隼仇竃崛輌思缶聞念宀鞭欺唹譯 箭1、お脱しいところをお舒徴してすみません。屎脱議扮昨栖嬉氾艇掲械宇 埜 2、裡ないところを廁けていて、云輝にありがとうございました。艇照厘 噐裡佃岻嶄掲械湖仍 3、いつもの定ならもう歪捲を彭るところを、次混い晩がAくので、まだ搾彭 をしております。飛頁吏定宸扮昨乎刊貧歪廾阻咀葎銭偬謹晩議裏混珊刊彭 搾丗捲椿 113 ゛としたって 柮恥墻孛腔裡嗣縣圍檻としたって┿鬘此にしたって軸聞゛匆゛讃々 ゛匆゛讃擁如匆゛ 窃吶侘此┐殖ところで ゛としたところで察にしたところで ゛┐殖としても 箭1、あの}は}jでもないのみ書まだ盾Qだれていない。この}にしたっ て揖じことだ。椎倖諒籾旺音椎担鹸墫抜歪廾珊短誼欺盾畳祥頁宸倖諒籾匆 頁匯劔議 2、いくら毛げようとしたってもうだめだ。祥頁奕担訶楜遙匆音佩阻怒 音渠阻 114 ゛としたところで 枳縣圍檻としたところで┿鬘此にしたところで軸聞恬葎゛纂簡 竃噐゛議羨魁 窃吶侘此としたって察にしたって恬葎゛師菖據議叔業 箭1、IのU嗾澆箸靴燭箸海蹐如△海譴曚媛rがL哈くとは房ってもなか ったろう。軸聞二匍将唔宀匆短嗤覽讐讃案議彜趨氏隔偬宸担海議扮寂 2、暴としたって、兆宛があるわけではない軸聞厘匆短嗤焚担虫麼吭 115 ゛としたら 柮恥墻孛腔裡嗣縣圍檻としたら┿鬘此とすれば察とすると泌惚゛祥 ゛子頁゛ 箭1、ここ屈為嵐あるとしたらどう聞いますか。泌惚宸戦嗤匯為嵐晩圷低奕 担喘椿 2、佩くとすれば苧晩だ。勣頁肇議三祥頁苧爺肇 3、 s崩のrgが眉rだとするとあと噴蛍しかない。 泌惚埃氏扮寂頁眉泣嶝 祥峪嗤噴蛍嶝阻

116 ゛としても 枳縣圍檻としても┿鬘此として察としては察としての恬葎゛議三 參゛議附芸┿鰈妨顳゛ 窃吶侘此にしては恬葎゛栖傍讃諭遇冱┗輅渉格体鏤鰈缶議潤惚嚥匯違 秤趨音牾藤 箭1、泳は嗔_としてとても佚mできる繁です。麿恬葎涛嗔頁頼畠辛參佚正議 繁 2、暴の幻はHとしてはしいですが、寄僥の枠伏としてはしいです。厘 幻牌恬葎幻牌載竿蕋徽恬葎寄僥縮弗祥載冢鯉 3、泳溺は曇としても銚としてもすばらしかった。慢涙胎恬葎曇徨賜銚牌脅 恂誼載竃弼 4、厘?は寄僥伏としての徭を互めなければならない。厘断哘乎戻互恬 葎寄僥伏議徭状來 117 ゛とすれば 杣 115

118

゛とたん 朸簡狛肇侘檻とたん┐烹屎輝゛議扮昨讃諭燦孀察議扮昨祥゛ 窃吶侘此しゅんかんに察はずみに察ひょうしに 箭1、羨ち貧がったとたん、^をぶつけた胡匯嫋軟栖祥委遊弉貧阻 2、社を竃たとたんに嚏が週り竃した胡匯竃壇祥和軟嚏栖阻 119 ゛とて 朸簡狛肇塀檻とて軸聞 窃吶侘此たからとて 箭1、匯伏卉Pいたとて、o創が貧がるわけではない軸聞憧凋垢恬垢彿匆短 嗤貧嫻 2、rgをかけたとて、措い恬瞳ができるとは泙蕕覆ぃ軸聞雑阻扮寂匆音 匯協嬬恬竃挫議恬瞳 120 ゛とは 柮恥墻孛腔裡嗣縣圍檻とは捷隼短覽従后 箭1、ここで埴に氏うとは短覽従紅市旁盒囑需低 2、そこまで冱うとは、泳も犁韻覆發里寸捷傍欺宸嶽殻業麿匆寔阻音軟 3、が秘芙Yにパスできなかったとは房いもよらなかった。短覽祝捷 隼短宥狛巷望議孃童深編 121 ゛たばかりに 朸簡狛肇塀檻たばかりに峪咀葎゛╋犁車損亀捗畊 箭1、つまらぬ庇を冱ったばかりに、泳溺とeれることになってしまった。 峪咀葎蝕阻倖弌螺丶潤惚才慢蛍返阻 2、啾僅したばかりに並絞を軟こしてしまった。峪咀瀧拶夛撹阻並絞

122

゛にひきかえ┐烹 枳縣圍撮猟の檻┿鬘此に曳べると゛は嚥゛屎挫犒 柧吭 瘁周最絢に曳べていこと よく聞う燕F 箭1、溺徨チ`ムの試Sぶりにひきかえ、槻徨チ`ムのけ圭はひどかった。 才溺錦議試埔屎挫犒苅槻錦脅禍移 2、Oの徨はHの返擦い發垢襪恵もできる。それにひきかえうちの徨は 晩[んでばかりいる。惣肖議頃徨将械逸幻銚恂並僥楼匆載挫嚥岻犒肝匱匍 頃徨耽爺峪氏螺 123 ゛ともなく┐箸發覆譴丕 朸簡嶮峭侘嗣縣圍檻ともなく┿髻ともなしに涙吭嶄゛参志音状仇

゛ 箭1、柊iがてらに栖るともなく枠伏の社の念へ栖た。柊彭化音岑音状仇栖欺 析弗社議壇念 2、くともなしに2繁のをいてしまった。涙吭嶄油欺阻曾倖繁議霧三 枳縣圍檻ともなれば┿鬘困箸發覆襪硲匯稀欺阻゛子撒撹葎゛┗輅焦 距 箭1、敢ともなると、そんなに偲しく湖じられなくなるだろう匯稀欺阻敢爺 祥音氏斑繁湖欺宸劔残噌阻杏 2、徭蛍がお銚さんともなれば、こんなわがままを冱っていられなくなるだろ う。匯稀徭失恂阻第第祥音氏宸担販來阻杏 124 ゛ないではいられない 朸簡隆隼侘檻ないではいられない音嬬音゛参屍謬叩 窃吶侘此ずに┐錬いられない 箭1、それをくと暴も匯冱冱わないではいられなかった。油欺椎倖三厘匆音 嬬音音傍叱鞘 2、みんなはその只嘉をいて弦を宇えて丶わないでいられなかった寄社油 阻椎倖猊音喇誼燈弦寄丶 3、ミンナはその啌鮫の溺麼繁巷の院凋に罎鯀さずに秘られなかった。寄 社音嬬音葎椎何唹頭議溺麼叔議院凋遇送節 125 ゛ないではおかない 朸簡隆隼侘檻ないではおかない音誼音゛傘慚覽叩 窃吶侘此ないではすまない音誼音゛傘慚覽叩 箭1、鞍宀W震しているのだから、廣吭しないではおかない。麿耽爺脅岳欺 駅倬誼戻佰麿 2、こっちがかったから、xらないではすまないだろう。頁厘断音挫 音範危訊殿音佩杏 126 ゛ないではすまない 柩 125 ゛ないまでも 朸簡隆隼侘檻ないまでも軸宴音頁゛匆゛纂簡甲屍弌匆゛┌△泙韮燕

127

幣殻業軸聞器音欺蝶嶽殻業 箭1、腎雇まで哭えに佩かないまでも、Tお念で棋つべきだろう。軸聞音欺字 魁肇俊匆乎壓壇念吉昨杏 2、畠何できないまでも、できるだけやろう。軸聞音嬬畠孤徽厘氏勝恷寄 適薦議 128 ゛ないものでもない 朸簡隆隼侘檻ないものでもない音需誼音゛ 箭1、ひょっとしたら、哈き鞭けないものでもない賜俯音需誼音基哘孤 2、匯伏卉mめば、やってくれないものでもない。尋俳仇肇箔麿議三匆 音需誼音孤 3、適薦さえすれば撹孔できないものでもない。峪勣適薦音需誼音嬬撹孔 129 ゛ながら┐覆らも 朸簡銭喘侘姉糧欖返孛腔裡姉糧欖粉文稗嗣縣圍檻ながら┿鬘此ながらも 勝砿゛抜゛史簇察徽゛餐゛匆゛ 匆辛參福肇△癸■ 窃吶侘此つつ┐癸察のに 箭1、岑っていながら岑らないふりをしている埋隼岑祇徽廾恬音岑祇 2、倭いながらSしいわが社埋隼倭弌徽抜頁載酔赤議社 3、さんはいやいやながらも哈き鞭けた弌嫖埋音垳吭珊頁俊鞭和栖阻 4、われながら┐癸うまくやったと房う銭徭失匆状誼孤誼音危 5、火廷ながらそのことについては採もお基えできません。載凖唆斤緩涙 辛月御 130 ゛なくして┐覆しては、なくとも 枳縣圍檻なくして┿鬘此なくしては、゛なくとも短嗤゛┻鳥娃珊゛ 短嗤゛祥゛┌△藤■△討錬燕幣訳周械喘◆なくしては゛ない議侘塀燕 幣泌短嗤゛祥゛ 箭1、曚覆して採の繁伏か短嗤握珊麻焚担繁伏 2、寔の啾櫃覆しては屎しい佩咾鯣,襪海箸呂任ない短嗤寔屎議啾賑 祥音辛嬬寡函屎鳩議佩強 131 132 ゛ならそれまでだ

゛ならでは┐裡 枳縣圍檻ならでは┐裡峪嗤゛茅掲゛茅゛岻翌使音頁゛頁音゛ 窃吶侘今飛音頁゛祥音゛志屍弌 箭1、泳ならでは音辛嬬なことだ峪嗤麿嘉辛嬬恂議並秤 2、これが銚Hならではの歿欧い寸宸頁峪嗤銚牌嘉辛嬬嗤議韮航 3、ふるさとならではの龍わいだ峪嗤絞膕顛苗楹欺議很龍 133 ゛なり┐覆蠅痢△覆蠅烹 朸簡嶮峭侘檻なり匯゛祥゛胡匯゛瀧貧祥゛ 窃吶侘此とすぐ匯゛瀧貧祥゛ ゛が壼いか察やいなや胡匯゛瀧貧祥゛┗輅樵集強恬壓載玉扮寂

坪賜叱窄揖扮窟伏 箭1、「ってくるなり媒てしまった胡匯指栖瀧貧祥鋒和阻 2、鍛はそれをるなり圀しいと冱う鍛鍛匯需欺祥傍勣 枳縣圍檻なりに┿鬘此なりの椎劔残念磽┗輅肖襦獏Φ庁 箭1、これは暴なりに深えて竃したYだ宸珊頁厘徭失将狛深打誼竃議潤胎 2、泳には泳なりのやり圭があるはずだ麿刃協嗤麿徭失議匯耗恂隈 134 ゛にあたって┐砲△燭蝪 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻にあたって┿鬘此にあたり輝゛議扮昨市據議 扮昨 箭1、_氏に輝たって匯冱┐い舛瓦鵤ご阿湶を賦し貧げます輝緩蝕氏岻縞 萩斑厘傍叱鞘 2、碧並を兵めるにあたり、廣吭並をh苧する壓蝕兵垢恬扮傍苧廣吭並 135 136 ゛なあって

゛に崛って┐蓮△癸 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻に崛って┐蓮△癸欺器゛撒宗纂亜 箭1、ことここにいたってはどうしようもない並厮崛緩短嗤販採一隈阻 2、いい撹を函りたい欒屬舛老屬るが、そのためにカンニングまでするに いたってはやはりSせない覽炭歎峙槻椎蘓敏埓軆癸徽葎器朕議議封崛恬益椎 辛頁音辛板法議 137 138 ゛に崛る

゛に崛るまで(の 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻に崛るまで(の崛゛撮岷)欺゛ 箭1、この婢E氏は巷_にいたるまでに、謹くの是yがあった。宸倖婢誓氏岷 欺蝕婢囑欺阻載謹是佃 2、IHのSしを誼るにいたるまで、寄笋世辰拭岷崛誼欺幻銚議揖吭継 阻載寄議巓孵 139 ゛に鬉犬 枳縣圍檻に鬉犬殖┿鬘此に鬉牽察に鬉犬討錬察に鬉犬討癸梓孚゛ 功象゛史耻邸司篇Α始贄Α惨靦Α 窃吶侘此に基えて察に児づいて察にしたがって 箭1、そういう栽は定hに鬉犬Iをすべきだ。壓椎嶽秤趨嵶芦哘乎寡 函癖哘議定槍企仏 2、嚠麻に鬉犬謄僣`テ?`の鮫をたてる。功象圓麻恬絡氏議柴皿 3、 栽に鬉犬討六疱hに竃朗しないこともある。 功象秤趨嗤扮音竃朗氏咏 4、すべての勣箔に鬉犬討盻颪臨唸は祭磴靴覆い世蹐Α軸聞基哘侭嗤議 勣箔嶬攀頂徨匆音氏諾怎杏

140

゛に鬉犬 杣 139

141

゛にかかわらず(にかかわりなく) 枳縣圍檻にかかわらず杙鬘此に┐錬かかわりなく)檻音胎゛╋治 ゛参珊棔╋治゛参讃弌 窃吶侘此をわず 箭1、這嚏にかかわらず巻が竃る音胎這嚏爺脅蝕巻 2、直はその寄きさにかかわりなく邦に検く峯直音砿凪寄弌脅嬬検貧邦中 3、氏芙での仇了にはかかわりなく泳はみんなから挫かれている音砿壓巷望 戦議仇了泌採麿誼欺寄社議握忌 142 ゛ 窃吶侘此だけ┐錬 箭1、うちの徨に泙辰討修鵑覆海箸呂靴覆ぃ率嗤厘社議頃徨畳音恂椎嶽並 2、嚏の晩に泙辰董▲丱垢皀織シ`も栖ない陶陶壓嚏爺巷慌廿概才竃怩 廿概脅音栖 3、この}に泙辰討牢をてもいい峪嗤宸祇籾辛參心忖灸 4、励r參和の徨工に泙o創率嗤励槙參和隅湧窒継 143 ゛に泙蕕 枳縣圍檻に泙蕕今音叙゛参始湲據撮念俊音協簡扮音胎゛参珊棔 窃吶侘此にととまらず察だけだなく、すべての 箭1、槻來に泙蕕催來もハ?テク二IにM竃している音叙槻來溺來匆序秘 互仟室宝二匍 2、暴はクラシックに泙蕕此△△蕕罎襯献礇鵐襪厘Sが挫きです厘音湲 硬灸浪散匯俳欠鯉議咄赤 3、泳は採並に泙蕕些氷Δ垢襭麿涙胎焚担並脅嬬撹孔 144 ゛に泙 柩 142 ゛に泙辰 枳縣圍檻に泙辰藤┿鬘此に泙辰討錬察に泙蝪率嗤゛志屍弌仔陶

145

゛にかけては┐砲けても 枳縣圍 にかけては ┿鬘此にかけても 購噐゛圭中 匆 市據貧 匆 胎゛匆 窃吶侘此貧では察のことについて冱えば察のことでは 箭1、圧麻の堀さにかけては泳にかなうものはいない胎伉麻議堀業短嗤繁曳 誼貧麿 2、[ぶことにかけても泳ほど[び貧返な繁はいません壓螺議圭中匆短嗤 麿椎劔氏螺議繁 146 ゛にかたくない 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻にかたくない音佃゛

箭1、徭蛍もその羨にたって深えれば、誅颪砲たくない。徭失匆嫋壓凪羨 魁深打議三頁音佃誅餤 2、輝rの銚Hのつらさを賀するにかたくない音佃疎賀輝扮銚牌議取佃 147 ゛にvして(にvしても [悶冱檻にvして(賜此にvしても察にvしては購噐゛匆讃諭 窃吶侘此について察にして 箭1、このことにvしてあなたの吭をかせてください購噐宸倖諒籾萩霧 霧低議吭需 2、云晩の氏hのY惚にvしましては、猟にして塘原させていただきます 購噐書爺氏咏議潤惚繍侘撹猟周蛍窟┯寄社 3、麿の嚼B殆だけだなく、カルシウムをVで函ることにvしてもm倦I があります音叙凪麿唔劍殆祥呼喘勞頭父函匯並匆嗤壘撹才郡斤曾嶽吭需 148 ゛にvする 枳縣圍檻にvする枳縣圍檻購噐゛議屍亶悄 窃吶侘此についての゛察にvSのある゛ 箭1、その並周にvする秤鵑呂泙脆襪辰討い覆ぃ嗤購椎倖並周議連珊短辺欺 2、徨にgYにvすることで廣吭しなければならないことがありますか嗤短 嗤購噐宸倖糞刮哘乎廣吭議並遑 149 ゛にHし(にさいして、にHしての 枳縣圍檻にHし(賜此にさいして、゛にHしての輝゛扮撒院岻縞 窃吶侘此に輝たって 箭1、怱IにHして、枠伏がたに伉からお撰を賦し貧げます輝穎匍岻縞鮓 了析弗燕幣嶬伉議仍吭 2、竃kにHし、宇┐曚Δ妝を峰べた壓竃窟扮霧阻宇減 3、誘同にHしての廣吭並をh苧した傍苧阻壓誘同扮議廣吭並 150 ゛にしたところで 枳縣圍檻にしたところで┿鬘此としたところで軸聞恬葎゛纂 聞竃噐゛議羨魁 窃吶侘此としたって察にしたって恬葎゛師菖據議叔業 枩需 114 151 ゛にしたら 枳縣圍檻にしたら┿鬘此にすれば飛頁委゛協葎゛┻鳥娃纂 協゛┻鳥娃 箭1、あの繁の附にしたら、そうするよりほかなかったと房う。厘範葎飛頁┫ 壓麿議羨魁議三峪嬬椎劔恂 2、Q伏晩のパ`テ?`は輿袗晩にすればみんな歌紗できる。飛委伏晩絡氏 協壓佛豚鎗議三寄社脅嬬歌紗 152 ゛にして┐砲靴討錬 枳縣圍檻にして封崛゛餐゛脅゛

箭1、あの倔な泳にして徨にような払,鬚垢襪里世ら、ほかの繁ができない のもo尖はないだろう。銭麿宸担單倔議繁脅氏嗤宸劔議払列凪麿繁恂音栖匆頁 徭隼議阻 2、爺嘉の泳にして盾Qできなかった}がある。銭麿宸劔議爺嘉匆嗤盾畳 音阻議諒籾 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻にしては恬葎゛栖傍讃諭遇冱 箭1、泳の嶄忽Zは翌忽繁にしてはうまい。麿議査囂恬葎翌忽繁栖傍頁載 挫議 2、この氏芙のボ`ナスは音尚櫃砲靴討禄Yよかった。宸社巷望議襲署 祥音尚賑議定遊栖傍珊頁諾挫議 3、この恬猟は弌僥伏がいたにしてはよくできている。宸鐙恬猟恬葎弌僥 伏亟議栖傍亟誼載挫 153 ゛にしても 柮恥堊悶侘嗣縣圍檻にしても軸聞゛匆゛思葎゛栖傍匆゛撮念俊音 協簡扮涙胎゛脅゛讃々棔徽頁゛ 窃吶侘此としても 箭1、暴にしても揖じ欒屬舛澄恬葎厘栖傍匆頁揖劔議伉秤 2、 脱しくて氏hに竃朗できなかったにしても、 あらかじめBjすべきだった。 軸聞載脱短嬬竃朗氏咏匆哘乎圓枠選狼匯和 3、飛孤┐犬磴辰んの}があるにしてもこの恬瞳は匯i┐い舛匹に 」┐△燭ぃがある勝砿嗤飛孤諒籾徽宸何恬瞳珊頁峙誼匯響 154 ゛にしろ 朸簡侘否簡嶮峭侘姉糧欟簡簡孤嗣縣圍檻にしろ┿鬘此にせよ察 にもせよ柩念櫃砲靴蹌┿鬘此にせよ涙胎゛珊頁゛撮涙胎゛匆挫゛匆 挫纂簡后匆゛ 窃吶侘此であれ゛であれ察であろうと゛であろうと ゛にしても゛にしても 箭1、嚥騎にしろ勸騎にしろそのh}については吭が匯崑した。涙胎峇屓騎 珊頁壓勸騎斤椎倖咏籾吭需匯崑 2、採も岑らなかったにせよそうするのはよくない。軸聞焚担匆音岑祇椎 担恂匆音挫 3、どんな並秤があるにもせよ、o僅で採晩も碧並を俚むのはよくない。音 砿嗤焚担秤趨並念隆将塋俯髪輩挫叱爺匆音挫 155 ゛に^ぎない 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻に^ぎない峪音狛頁゛ 箭1、なんと冱ってもWはまだ匯初の氏芙Tに^ぎない。音砿傍焚担厘珊峪 音狛頁倖巷望岼埀 2、もうh忖がけるといっても為忖殻業えたに^ぎない。埋傍厮将氏亟 査忖阻徽峪音狛頁芝阻匯為栖倖忖遇厮

156

゛にせよ 杣 154 ゛に珎`ない 朸簡侘否簡銭悶侘姉糧欟簡簡孤嗣縣圍檻に珎`ない匯協頁

157 ゛

窃吶侘此に`いない察にQまっている 箭1、これは暴のなくした徭に珎`ない。宸匯協頁厘卿払議徭佩概 2、泳はもう「忽したに珎`ない。麿匯協頁厮将指忽阻 158 ゛軸した┐房瓦靴藤 枳縣圍檻軸したて┿鬘此に軸した祥゛桟栽゛ 箭1、Fgに軸して、深えたり佩咾垢襪海箸寄俳だ。憲栽糞縞肇房深佩強 頁掲械嶷勣議 2、輝rに軸して深え圭をしなければ尖盾できないことがたくさんある。泌 惚音祥輝扮議秤趨深打諒籾氏嗤載謹尖盾音阻議並秤 159 ゛にたえる┐砲燭┐覆ぃ 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻にたえる┿鬘此にたえない塚゛讃誼軟゛ ┣撮峙誼゛撮┣撮唇゛ 箭1、寳にたえるようなOをするために寄篆困靴拭葎阻序佩塚膿寳議 譜柴麿継阻載寄議匠 2、なかなかapに唇える}だ。頁匯嫖掲械将誼軟授浜議鮫 3、とてもくに唇えないをかされた。油阻寔頁音唇秘串議並秤 4、泳の棒をいて、z唆に唇えない。油阻麿議棒儷音覆凖唆 160 ゛に怎る 朸簡銭悶侘檻に怎る峙誼゛志亀叩議゛思穢圈 箭1、これは佚じるに怎る鶺世澄宸頁峙誼猥典脹┻寸 2、とるに怎らぬhだから、佚じる駅勣がない。宸頁音怎葎函議協胎短駅 勣猥 161 ゛につけ┐砲弔韻董△弔韻討癸 柮恥堊悶侘嗣縣圍檻につけ┿鬘此につけても察につけては咀遇 ゛子察祥゛暫新蝓祥゛察匆挫゛察匆意参珊棔匆゛ 箭1、蘭くなった銚の亟寔をるにつけ、罎こぼれてくる。耽穴心欺厮絞議 銚牌議孚頭祥送節 2、僥丕の撹がいいにつけ、いにつけ、銚はいつも暴を潜ましていた。 音砿僥楼議撹示挫珊頁音挫銚牌悳頁皇潜彭厘 3、嚏につけてもLにつけても、絞_の怕銚のことが房い竃される。耽穴和 嚏肯欠脅音喇誼詁靨攅箆腟鍔翊牽 4、書定の喬の混さは双定になくしい。それにつけても宛じられるのは絞_ の銚のことである。書定喬爺曳吏定混絶咀遇音喇誼給廷凪絞腟陳固廝 5、あの2繁の嶼はよほどかったのか、採につけても羨していた。心栖 椎曾倖繁議購狼犁渦産達音砿斤焚担脅壓吾斤羨

162

゛にはあたらない 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻に┐錬あたらない音峙誼゛喘音彭゛ 窃吶侘此に怎りない音峙誼゛ 箭1、たかが徨工がすることじゃない。割凪楚音祥頁弌頃徨恂議並宅甚嘆思 宸担郭妾 2、掲yには輝たらない。音峙誼肇粘夭 163 ゛にはかかわりなく 杣 141

164

゛にひきかえ 枳縣圍檻にひきかえ嚥゛屎挫犒苅゛屍襦頼畠音揖゛ 箭1、茶社の儘にひきかえ、宮は機け宀だ。嚥僥楼喘孔議悟悟犒苅宮宮掲 械請区 2、恍晩の挫爺にひきかえ、書晩はすごい僣だ。効恍爺議挫爺犒苅書爺寄 僣計敬 165 ゛にほかならない 枳縣圍檻にほかならない涙掲頁゛参四盧頁゛讃擁如 箭1、この撹惚はあなたの適薦のY惚にほかならない宸倖撹惚涙掲頁低適薦議 潤惚 2、繁の誼払をみずQ隼と「忽したのは泳が怕忽を侮く曚靴討い襪らに ほかならない。音綱光繁誼払吼隼指忽涙掲頁麿侮侮仇握彭怕忽 166 167 ゛にあるまじき

゛にもかかわらず 柮恥堊悶侘嗣縣圍檻にもかかわらず勝砿゛史簇察徽頁゛ 窃吶侘此のに 箭1、嚏にもかかわらず泳は竃かけた。埋隼和嚏徽頁麿珊頁竃壇阻 2、あの繁はたくさん奮べるにもかかわらずやせている。勝砿麿郭誼載謹 徽珊頁保 168 ゛にもまして 枳縣圍檻にもまして曳゛司す゛ 箭1、それにもまして櫃かりなのは社怛の宗慎だ。曳凪厚斑厘荷伉議頁社戦 繁議宗慎諒籾 2、肇定にもましていい撹をとるようにBっている。厘屎壓葎函誼曳肇 定厚挫議撹示遇適薦彭 169 ゛によっては 枳縣圍檻によっては咀゛音揖゛屍瓶據音揖゛屍佇浦髻 窃吶侘此によって察により察による功象゛三鑑奸喇噐゛宥狛゛ ゛によると察によれば象゛讃殞邸 箭1、繁によっは郡するかもしれない。音揖議繁匆俯氏嗤郡斤議吭需

2、恷除の{砲砲茲襪版猊拂蠅侶虎錣える匯圭だそうだ。象恷除議距臥 楳富定議係恟楕格奐海議迫米 3、隆撹定のは隈舵によって鋤じられている。功象隈舵鋤峭隆撹定繁簾 冖 4、仇寳による瓜墾はt~励認|劼砲矍_した。仇寳揮栖議墻墾厮器 5 認叮 晩圷 170 171 ゛によらず

゛ぬきで┐未では 枳縣圍檻ぬきで┿鬘此ぬきに福肇仕弯 窃吶侘此を┐錬ぬきして福肇゛ 箭1、恷除劾栖はiきで娩Iに竃る僥伏が謹い。除栖載謹僥伏音郭壼傾祥栖 貧仁 2、まじめなだから、庇ぬきでいきたいと房う。咀葎頁自範寔議並秤 侭參厘訶弯螺丶岷俊序秘屎籾 172 ゛ぬきに┐未には 枳縣圍檻ぬきに┿鬘此ぬきで福肇仕弯 箭1、Y署の}をぬきにしては、採も兵まらないと房う。厘範葎砺蝕彿署諒 籾音霧議三凪麿祥焚担匆恂音阻 173 174 ゛ぬきの

゛に崛り 枳縣圍檻に崛り゛岻崛桟燃゛志僧゛╋猯燕幣持自議吭房謹喘 噐慕中囂 箭1、 このような腹氏に竃朗させていて、 高僂琳舛任后 嬬竃朗宸劔議腹氏 掲械蕃侑 2、掲械なZ哭ぶりで湖爾の崛りです。斤噐犯倉議散哭崛葎湖強 175 ゛にOみ 枳縣圍檻にO┐わみ掲械゛察岻自╋獏池擶躊鏝佛薺超サ磽 箭1、書業の禍並は祐剤のOみです。宸肝議禍宛綜繁掲械祐伉 2、ご竃朗いただきないことはz唆のOみです。斤噐艇音嬬竃朗湖欺掲械 凖唆 176 ゛の挑に 枳縣圍檻の挑に恷朔察議潤惚 窃吶侘此た挑撮┿鬘此た挑に察た挑の゛議潤惚察岻朔 箭1、獗の挑、竃kのrgを2埖の兜めに個めた。斌楚議潤惚音竃窟扮寂 個壓阻2埖兜 2、深えに深えた挑、哈き鞭けないことにした。郡鹸深打岻朔畳協音覚毅 阻

177

゛のみ 杣 59

178

゛のみならず 柮恥堊悶侘嗣縣圍檻のみならず音徽゛遇拝゛参蚕゛珊゛ 箭1、その匂醤はUg議であるのみならず、宗慎にもよいのだ。椎嶽匂醤音徽 将蔀遇拝斤宗慎匆嗤旋 2、は押樋であるのみならず、採かをやり膜げようとする吭崗にも之けてい る。麿音叙押樋珊髪窪恂撹匯周並秤議吼薦 179 ゛のわりには 朸簡銭悶侘嗣縣圓裡檻わりに┿鬘此わりには埋隼゛徽頁゛屍 ゛牘函╋獪顕始狷ヅ箋捗畊 箭1、定hのわりに析けてえる。嚥糞縞定槍牘硲心貧肇勣析匯乂 2、泳は採並にもまじめな護には繁に挫かれていない。麿恂焚担並脅載範寔 猥琳和旺音椎担孃繁浪散 3、 茶した護にはYはできていなかった。 埋隼適薦僥楼阻 徽短嬬深挫 180 ゛はおろか 枳縣圍檻はおろか゛も゛艶傍゛銭゛匆゛傘靄機祥頁゛匆゛ 箭1、10晩はおろか、1埖かかってもできない。艶傍 10 爺祥頁匯倖埖匆 頼音撹 2、泳はh忖はおろか、ひらがなもけない。麿艶傍査忖阻祥頁峠邪兆匆 音氏亟 181 ゛ばかりか┐个りでなく 柮恥墻孛腔裡嗣縣圍檻ばかりか音叙゛郡遇゛参撒゛遇拝゛匆゛ 窃吶侘此のみか音叙゛遇拝゛匆゛仔騏后銭゛脅 ゛ばかりでなく音徽゛遇拝゛ 箭1、あの繁は郡福しないばかりか、笥を冱い卦した。椎倖繁音徽音郡福 郡遇具囂彬繁 2、このNの押櫃錬営蝪可蠅瞞里蕕覆い个りか、匯伏逗しめられることも賜 る。宸嶽音叙匯屈定挫音阻嗤扮珊氏瓜孵張匯伏 3、 泳溺は哂Zばかりでなく、 晩云Zも貧返だ。 慢音叙氏哂囂 晩囂匆載挫 柮恥堊悶侘嗣縣圍檻ばかりでなく音徽゛遇拝゛参蚕゛珊゛ 窃吶侘此だけでなく音徽゛遇拝゛ ゛のみだなく擦里澆覆蕕今音叙゛遇拝゛ ゛ばかりか擦里澆音叙゛遇拝゛匆゛ 箭1、泳は撹がいいばかりでなく、スポ`ツにもLじている麿音叙撹示挫 珊秒海悶圄 2、暴の絞_は欹鬚梁哲であるばかりだなく、尚弼も胆しい。厘議社膕 叙賑昨梁哲尚弼匆胆 182 ゛ばそれまでだ

朸簡邪協侏檻ばそれまでだ頼阻士淹或彬義烹史秡 箭1、Iが栽っても、かけ梨れればそれまでだ。軸聞嗤埒革梨阻迄匆祥短焚 担辛傍議阻 2、兜めからだめだと冱ってしまえばそれまでだが、採よりもやってみることだ。 勣頁貫匯蝕兵祥傍音佩匆祥短焚担辛傍議阻徽恷嶷勣議頁肇恂 183 ゛ば゛ほど 柮恥埃拔侘檻ば゛ほど埆゛埆゛┻匆辛汽鏡聞喘△曚稗■ 窃吶侘此ば゛だけ 箭1、晩云Zは茶すればするほどyしくなると房う繁がいる。匆嗤繁範葎晩 囂頁埆僥埆佃議 2、麗が互ければ互いほど瞳麗がいいとは泙蕕覆ぁ叫廉旺音頁勺熱埆互祥 埆挫議 184 ゛はもとより 枳縣圍檻はもとより云栖祥゛参屍男機銭゛匆゛斬傍゛祥頁゛匆゛ 窃吶侘此はもちろん音喘傍゛銭゛匆゛撒曳察 箭1、そのような是yはもとより嚠襪気譴討い燭海箸世辰拭椎嶽是佃云栖 祥頁圓創欺議 2、泳は晩云Zにかけては氏はもとより猟をくのも_宀です麿議晩囂 音喘傍氏三祥頁猟嫗亟誼匆載挫 185 ひとり゛だけでなく ひとり枳縣圍檻だけでなく音叙叙頁゛遇拝頁゛参撒ナ如遇拝頁゛ 窃吶侘困劼箸蝓のみならず 箭1、ひとり暴だけでなくほかの繁もそれにd龍を幣した。音汽頁厘凪麿繁 匆斤凪湖佶箸 2、これはひとり嶄忽のみならず弊順畠悶の}である。宸音叙叙頁嶄忽 遇拝頁畠弊順議諒籾 186 ひとり゛のみならず 杣 186 ゛べからざる 杣 188

187

188

゛べからず 朸簡嶮峭侘檻べからず鋤峭゛参撒叩参残棔参賛鼻猟囂廁強簡 △戮沓議隆隼侘△戮らざる壓鞘嶄恂協囂 箭1、o喘の宀秘るべからず。椀繁窒序 2、ここにvするべからず。緩侃音誼唯概 3、羽薦はSすべからざる佩蕕澄羽薦頁音嬬塋俯議佩葎 4、それは棒ぬまで冱うべからざることだ。椎周並欺棒脅音嬬傍

189

゛べく 朸簡嶮峭侘檻べく哘乎゛士阻゛猟囂廁強簡△戮沓議銭喘侘 箭1、この云は@くべく`峅が謹い宸云慕危列謹誼妾繁 2、{砲垢襪戮竃する。葎距臥遇竃餓 190 一隈 窃吶侘此しかない察參翌にない察よりはか┐錬ない察ほかしよう がない察ほか┐錬ない 箭1、もうあきらめるほかしかたがない。嶬旄産歎兎阻 2、こうなったんだから、匯伏卉mんでみるほかなかった。厮将宸劔阻 峪挫憧凋倏鸛烹 3、泳もいないので埴がいくほかない。豊脅音壓峪誼低肇 191 192 ゛┐らほかならない ゛ほかしかたがない 朸簡銭悶侘檻ほかしかたがない峪挫゛志撒叩山゛岻翌短嗤艶議

゛まい 枸絛龍簡嶮峭侘仔篷強簡廁強簡隆隼侘檻まい音嬉麻゛参始襦 音氏゛杏┗輅招餠┻漬瞞昌鰺徳殖 箭1、もう屈業とうそをつくまいと伉の嶄でQめた。厘和協畳伉壅音簸姿 2、書晩の湖咾Qして梨れまいと伉に閉った。厘壓伉戦窟閉畳音梨芝書爺 鞭議湖強 3、屈rgも棋ったのに、まだ栖ないのだから、もう栖まい。厮将吉阻曾倖 弌扮珊短栖音氏栖阻杏 193 ゛まいか 朸簡銭悶侘檻まいか短嗤宸倖嬉麻 燕幣蒸斤倦協 箭1、伉塘させたくないので並絞のことをIHにそうかすまいかと痴ってい る。葎阻音斑幻銚毅伉厘屎壓葎勣音勣委窟伏並絞宸頁御盆麿断遇軍蔦 194 ゛まじき 朸簡銭悶侘檻まじき音乎゛参屍Ω叩参賛敏圈猟囂廁強簡△泙 議銭悶侘 箭1、羽薦をふるなんで、Hにあるまじきふるまいだ。強喘冷薦頁葎繁幻銚 音乎嗤議佩葎 2、それは押繁にいうまじきことだ。椎頁音乎斤押繁傍議三 195 ゛までだ 朸簡銭悶侘檻までだ┿鬘此までのことだ峪頁゛意阻察祥麻阻 音狛゛遇厮 箭1、 廷のために嶷ねて_かめたまでだ。 峪頁葎阻風嶷軟需嗽宰糞阻匯演意阻 2、いやなら僅るまでのことだ。飛頁音垳吭詳蒸祥麻阻

196

゛までのことだ 杣 195

197

゛までもない 朸簡銭悶侘檻までもない┿鬘此までもなく喘音彭゛士湮茵 窃吶侘此駅勣はない短嗤駅勣゛屍嘆思邸参傘悄 箭1、lも岑っていることだから、書さら{べるまでのない。豊脅岑祇議並秤 欺嶬攸烹喘音彭壅恂距臥阻 2、わざわざ佩くまでのなかろう。涙俶蒙吭念吏阻杏 3、それは冱うまでもなく、あなたのg`いにきまっいる。椎涙俶傍匯協 頁低議音斤 198 ゛までもなく 杣 297

199

゛まみれ 枳縣圍檻まみれ婀諾゛算詆輅如 箭1、僮まみれになって宜れた社の嶄から毛げ竃してきた。視附頁僮仇貫宜繭 議型塁嶄毛阻竃栖 2、徨工たちは釣まみれになって[んでいる。頃徨断視附頁釣仇螺隅彭 200 ゛めく 枳縣圍檻めく嗤゛劔議吭龍餐酥妨亠宗劔議賑連 箭1、だいぶ敢めいてきなしたが、いかがお^ごしでしょうか。寄嗤敢爺議賑 連阻低狛誼挫宅 2、そんな討扉めいた冱い圭をしなくてもいいのに。匆喘音彭傍椎乂嗤訣缶 吭龍議三杏 201 めぐる 枳縣圍檻┐鬘めぐる┿鬘此をめぐって律汎 箭1、藻僥伏をめぐるT}を嶄伉に深えて佩きたい。厘彈姥參律汎藻僥伏議 嶽嶽諒籾葎嶄伉冥網匯和 2、書業の氏hは飽の頁掲をめぐって尸を兵めた。宸肝氏咏律汎奐飽議 頁嚥掲婢蝕阻援胎 202 203 ゛もさることながら もとより 杣 184

204

゛も゛なら、゛も゛ 枳縣圍檻も柮恥墻孛腔裡檻なら┿鬘困丕枳縣圍檻も軸゛匆゛ 嗽゛嗽゛ 窃吶侘此枳縣圍檻も柮恥墻孛腔裡檻し枳縣圍檻も匆゛匆纂 ゛匆゛

箭1、泳溺は寄僥垪へ佩く櫃發覆韻譴佇吠造鬚垢櫃發覆い修Δ澄油傍慢軸 音詆湾仂辛垪匆音觜ぷ 2、このドレスはデザ?ンもよければ弼もよい。宸周溺撰捲塀劔匆挫冲弼 匆挫 3、 この糾にはD繁喘瞳もあれば、 徨工喘瞳もある。 宸社糾戦軸嗤絃溺喘瞳 嗤嗤隅湧喘瞳 205 ゛ものの 朸簡銭悶侘檻ものの埋隼゛徽頁゛ 箭1、哈き鞭けはしたものの、どうしたらいいか蛍からない。埋隼頁俊鞭和栖 阻徽頁抜音岑祇奕劔孤嘉挫 2、タバコの墾は蛍かっているものの、なかなかやめられない。埋隼岑祇簾 冖議墾侃徽祥頁巡音阻 206 ゛ものを 柮恥堊悶侘檻ものを云哘乎゛抜゛察祥佩阻辛抜゛ 窃吶侘此のに 箭1、けばすぐ蛍かるものを、なぜかないの。云乎諒匯諒祥賠萱議並秤 葎焚担音諒椿 2、徭蛍でやればよいものを、麿繁に兀し原ける云栖徭失孤祥佩阻辛陶容 公艶繁 3、返擦辰討發蕕┐个いい發里鬘云栖斑繁逸匯和脱祥佩阻議陶 207 ゛も゛ば、゛も゛ 杣 204

208

゛や 朸簡銭悶侘檻や┿鬘困箏颪筍匯゛祥゛燦奸祥゛ 窃吶侘此がはやいか胡匯゛祥゛ ゛とすぐ匯゛祥゛┗版意瀚下簧垈遑 箭1、社にlけzむや、わっと日き竃した。胡匯怒序塁祥陽仇匯蕗図軟栖阻 2、秘芙するや倦や、今翌輩佞肪ぜられた。胡匯序巷望祥瓜塗欺忽翌垢恬 3、 KIベルがQるや倦や、 縮片をwび竃した。 胡賚多料紕 祥怒竃阻縮片 209 ゛やいなや 杣 208

210

゛ゆえに┐罎┐裡 朸簡銭悶侘嗣縣圍檻ゆえ┿鬘此ゆえに察ゆえの咀゛絞゛子鯲 ゛侭參 窃吶侘此がゆえに ゛から ゛ので 箭1、栖埖、竃で臼奨へ佩きますゆえ、よろしくおい崑します。和埖咀竃 餓肇臼奨萩謹購孚

2、書晩は押櫃罎┐稜系だった。書爺頁咀押髪朗 3、怕幻はしさゆえに寄僥を嶄余曜僥したのである。怕幻頁咀葎洞是寄 僥嶄余曜僥議 4、溺來であるがゆえにこんなBいを鞭けるのは火廷なことだ。咀頁溺來 鞭宸劔議棋囑頁凖唆議並 211 ゛ようが 朸簡吭崗侘暫簡檻ようが音砿゛匆゛士淆曄匆゛ 箭1、どんなに繁に剤まれようがかまわない。暴は徭蛍のx佞鮃たしているか けなのだから。音砿艶繁奕担垤剤厘脅勣勝徭失議吶暦 212 ゛ようが゛まいが 朸簡吭崗侘暫簡檻音砿゛珊頁゛ 箭1、埴が佩こうが佩くまいが、暴にはvSない。拱屬砲靴蹌音砿低肇珊頁音 肇脅才厘短嗤購狼昧宴低 213 ゛ようと 朸簡吭崗侘暫簡檻ようと音砿゛匆士淆曄匆゛ 箭1、たとえ採定かかろうと、処署は駅ず卦します。音砿勣雑謹富定処議熱 匯協氏珊議 214 ゛ようと゛まいと 朸簡吭崗侘暫簡檻音砿゛珊頁゛ 箭1、埴が佩こうと佩くまいと、暴にはvSない。拱屬砲靴蹇音砿低肇珊頁 音肇脅才厘短嗤購狼昧宴低 2、この碧並は、晩云繁だろうと、翌忽繁だろうとかまいません。宸倖垢恬 音砿頁晩云繁珊頁翌忽繁恂脅短嗤購狼 215 ゛よりほかはない 朸簡銭悶侘檻よりほかはない茅゛參翌短嗤゛志察 窃吶侘此よりしかない峪嗤゛ ゛よりほかにしかたがない茅゛翌短嗤一隈 箭1、泳までこう冱うならWはもうaっているよりほかはない。銭麿脅宸担傍 議三厘峪挫潮音恬蕗阻 2、もうgに栽わないからタくシ`で佩くよりほかはない厮将栖音式峪嬬 核竃怩廿概肇 216 ゛わりに 朸簡銭悶侘嗣縣圓裡檻わりに┿鬘此わりには埋隼゛徽頁゛屍襦 牘函╋獪顕始狷ヅ箋捗畊 箭1、定hのわりに析けてえる。嚥糞縞定槍牘硲心貧肇勣析匯乂 2、泳は採並にもまじめな護には繁に挫かれていない。麿恂焚担並脅載範寔 猥琳和旺音椎担孃繁浪散 3、茶したわりにはYはできていなかった。埋隼適薦僥楼阻徽短嬬深 挫

217

゛をおいて゛ない 枳縣圍檻をおいて゛ない茅゛參翌短嗤゛ 箭1、これを崔いてほかに祇はない茅緩岻翌艶涙万貨 2、この碧並には泳をおいてm販宀はいない。宸周並茅麿岻翌短嗤栽癖議繁 僉 218 ゛を泙蠅 枳縣圍檻を泙蠅烹參゛葎 箭1、書晩を泙蠅暴する參書爺葎順淮厰┸兵巡冖惨喀駝貎兵厘勣 巡冖 2、ほかに圭隈がないのだから、蕗を泙蠅暴个鵑澄短嗤艶議一隈峪嬬聞 畠薦紺 219 ゛を討俳りに 枳縣圍檻を討俳りに┿鬘此を討俳りにして察を討俳りにして參゛ 葎蝕極 箭1、氏Lの阿湶を討俳りに、栖勸廝看が肝?に峰べられた。參氏海議崑看 葎蝕極栖塩匯了潤匯了仇崑看 2、書業の竃處は遍脅を討俳りにして、畠忽光仇で_岸された。宸肝處竃貫 遍脅蝕兵壓畠忽光仇貧處 220 ゛を討俳りとして 杣 219 ゛を討俳りにして 杣 219

221

222

゛を鋤じ誼ない 枳縣圍檻を鋤じ誼ない鋤音廖゛参蚕゛ 箭1、あの繁がクラス`の撹ととったなんて、@きを鋤じえない。油欺麿誼 阻畠萎及匯鋤音廖寄郭匯妾 2、住宥並絞で、匯鵬gr仇に鏡りぼっちになったなんて、まことに揖秤を鋤 じえないだ。油傍麿壓住宥並絞嶄匯鵬寂撹阻溝隅音鋤綜繁揖秤 223 ゛をめぐって 杣 201 ゛をめぐる 杣 201

224

225

゛をもって 枳縣圍檻をもって參゛ 箭1、掲械な適薦を隔ってその佩並を撹孔させた。參掲械議適薦聞乎試強垈諾 撹孔

2、ただいまの氏Lの阿湶を隔って、シンポジウムはとどこおりなくK阻いた しました。參胡胡潤崩議氏海議崑看傚御阻云肝冩網氏垈諾潤崩 226 ゛をものともせずに 枳縣圍檻をものともせずに音輝指並参桟都斫枩錚参珊 箭1、泳は音徭喇な悶をものともせずにBりぬいた。麿音委附火輝指並鶏 況欺久 2、泳は諮弔鬚發里箸發擦困没唸を照い竃した。麿音綱寄諮委頃徨照阻 竃栖 227 ゛を噫xなくさせる 枳縣圍檻を噫xなくさせる音誼音斑゛ 箭1、爺殲鵑砲茲襪般Lが除づいているので「雇を噫xなくさせた。象爺 賑圓烏岬欠厮俊除音誼音聞巻嶷指欺圻栖雇笥 2、栽の嶄余で寄嚏になったので嶄峭を噫xなくさせた。壓曳琵嶄寂和軟 阻寄嚏音誼音聞凪嶄峭┗犯 228 ゛を噫xなくされる 枳縣圍檻を噫xなくされる音誼音士淞虜裡傘仔函 箭1、識に喘並ができた、唾佩は决豚を噫xなくされた。咀葎嗤阻識並唾佩 音誼音决豚 2、泳は箭の並秤で曜を噫xなくされた。麿喇噐巉侭巓岑議圻咀瓜独宣 岼阻 3、嚏爺のため、\啝瓩嶄峭を噫xなくされた。咀葎和嚏塰強氏音誼音 嶄峭 229 ゛をよそに 枳縣圍檻をよそに音綱゛ 箭1、 Hの伉塘をよそにやりたいほうだいのことをしている。 音綱幻銚議毅伉 昧伉侭圀 2、宮は茶をよそに[びまわっている。宮宮音綱僥楼昌粍螺 230 ゛んがために┐燭瓩裡 朸簡隆隼侘檻んがため┿鬘此んがための察んがために葎阻 ゛遇゛┘輝箒簡隆隼侘勣俊△撮■ 箭1、 泳はhTにならんがため、 あらゆる返を聞っている。 麿葎阻覽栄碗蚶隠 喘勝阻光嶽返粁 2、戮燭鵑ための貨待だから、o尖にしなくてもかまわない。宸頁葎阻 函覆遇協議貨待音駅茶膿 3、これは徭hの屎しさを羨^せんがために佩う{砲任△襦宸頁葎阻屬苧 徭失吭需議屎鳩來遇序佩議距臥 231 ゛んばかりに┐鵑个りの 朸簡隆隼侘檻んばかりに┿鬘此んばかりの察んばかりだ祥勣 ゛纂減勣゛察貌仇゛┘輝箒簡隆隼侘勣喘△撮■

箭1、浪びのあまり書にも柳びあがらんばかりだ。互佶誼叱窄勣柳軟栖 2、鍛はYに払,靴董日き竃さんばかりにしおれている。鍛鍛深編深誼 音挫叱窄勣図竃栖貌仇劔徨載柿 3、猜屬賄垢蕕鵑个りの櫃い拍wびかかってきた。斤圭饐窯蝕嬉貌仇橡 阻狛栖 4、泳はその音侑な岑らせをらせをいて怱宜せんばかりに丑しんだ。麿 油欺椎音侑議連丑彬誼叱窄勣肢宜阻


犢慘諜

晩囂匯雫深編231倖囂隈盾傍
晩囂匯雫深編231倖囂隈蟒1
晩囂匯雫嬬薦深編231倖囂隈(嶄猟蟒)
晩囂匯雫深編231倖囂隈讐盾
晩囂匯雫嬬薦深編231倖囂隈 匯,囂隈1~130
晩囂匯雫嬬薦深編231倖囂隈
晩囂匯雫嬬薦深編231倖囂隈 屈,囂隈131~231
晩囂匯雫嬬薦深編231倖囂隈 匯
晩囂匯雫嬬薦深編231倖囂隈岻匯(1-130)
晩囂匯雫嬬薦深編231倖囂隈 屈
窮辻井